スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ボディービルダー

私の好きなトレーニング本に「アーノルド・シュワルツネッガー 筋肉の神話」がある(たぶん廃盤かな?)。

シュワちゃんとといえば俳優のイメージが当然強い訳だが、おそらく多くの人がご存知の通り、かつてはMr.オリンピアに7度も輝いたことがるという伝説のボディー・ビルダーでもある。

格闘系のトレーニングではよく・・・

「ボディービルようのな使えない筋肉をつけるなかれ」

ということが言われる。

どういう訳か、ビルダーのトレーニングは格闘家には受け入れられないことが多いんだよね~。

しかし、私は筋トレをする際、どの書籍よりもこのシュワちゃんのトレーニング本を参考にしている。なんだかんだいってもビルダーが筋肉のことを一番熟知していると思えるし、

他のスポーツではどこまでいっても筋トレは「補助訓練」でしかありえないけど、それが全てのビルダーの筋トレはやはり高度に洗練されていると私は感じている。

それに・・・

「武道をやっているのなら自分に必要なトレーニングは自分で取捨選択できるでしょう?」

というのが私の持論・・・偉そうに言うとね(笑)だって、まんまビルダートレーンングをそのままやる必要もないでしょう?自分の武道にあったトレーニングは(方法も含めて)自分で取捨選択すればいいと思う。

悪口ばっかでなく「いいところ」を汲み取れる能力も必要じゃない?(笑)
--------------------------------

また、このシュワちゃんの本で、さらに刺激的なのがシュワちゃんの「極限まで自分を追い込む姿勢」なんですね。

ちょっと本文から引用してみようか・・・

「筋肉が”NO”と叫んだら私は”YES”ご答える」

「痛さが悲鳴のように頭に響いて疲労の限界に達したら、そこでいったんやめる。しかし、そこで全部やめるのではない。2位や3位で満足するならそれでもよいが、1位を目指すならここでさらに「フォーストレップ」を続ける。・・・中略・・・最初に疲労を感じた時点では、筋肉はまだ余力を隠し持っている。それをフォースト・レップで極限まで戦うのだ」

「~この種の激しいトレーニングを60分かけて終えると、自分を限界まで追い込もうとする”破壊的本能”も影を潜め、肉体的にも精神的にもピークを越えている。」

----------------------------------------
・・・まあ、この本のシュワちゃんを見るたびに、どんなジャンルの人でもトップとる人ってのはやっぱり

「とんでもない努力」

をしているということをいつもいつも痛感させられますね。

私はこの本読んで、

「ああ、この人はきっと才能に関係なく、何やっても大成するんだろうなあ~」

とつくづく思いました。

ということで私が取捨選択したエキスってのはトレーニング法もさることながら・・・実はこんな「スピリット」の部分の選択が実は一番多かったりするんだけどね(笑)

2007/01/08(月) | 格闘技マニア | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://taekwon.blog86.fc2.com/tb.php/96-bbce955b
 |  HOME  | 
ページランク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。