スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

こいつ

スタミナが切れた時の試合の苦しさは、どんなにキツいトレーニングをしてもなかなか再現できない。

「精神が肉体を超える」

ということをトップアスリートはよく口にする。

しかし、トップアスリートでもない普通の(いや、おっさんの?)しかも「自主トレーニング」という場面ではそう簡単に肉体のキツさを精神は超えてくれない。

だから、あの試合で経験するような苦しさを再現できるトレーニングをするのは非常に困難になるという訳だ。

・・・しかし、それでも約一年半、あれこれ工夫を凝らし、現時点で

「このキツさは試合のそれに近いんじゃないのか?」

というお気に入りの(実際は一番キツいのでやりたくないのだが)トレーニングが一つある。

・・・っといってもそれほど特殊なトレーニングということはなくて、

「ジャンピングスクワット(フルジャンプ・・・限界まで高く飛ぶやつ)×50回のあとインターバルなしで壁蹴りで上段回し蹴りフルスピード(このフルスピードが重要)100回」

「なあ~んだ?それだけ?」

って思った?・・・じゃあ、やってみなって!!!!

-------------------
怪我をしてから、久しく「ジャンプ系」トレーニングから遠ざかっていたが、今日、久々に「ジャンプ」した。・・・つまり「これ(↑)」をやったのだ。

試合前は昔のトラウマからとにかく「スタミナが切れる」ということが原因でナーバスになることが多い。一そんな時は、「これ」をやることで「スタミナ切れ」の不安を追い払ってきた。いわばこのトレーニングは私の一番たよりになる精神安定剤であり、お守りだったのだ。

------------------------
久々の「こいつ」はやっぱり、とっても手強かった。

なまってた俺を容赦なく追い込んできやがった。

終わってからも次のメニューに行かせてくれないほどに俺の「肺」と「心臓」を痛めつけやがった。

・・・しかし、「そいつ」は久しくご無沙汰していた「充実感」を俺にプレゼントしてくた。

そして「こいつ」なくして「追い込んだトレーニングはありえんなあ」とつくづく感じた。

「こいつ」は選手を続ける上で、俺にとって「生命線」だと再認識した。

この先、どれだけ「こいつ」の厳しさとつきあわんと行けないのだろう?

そう思うと、ホントに憂鬱の種なんだが・・・

・・・今日は、久々にあった「こいつ」を愛おしいと感じる俺であった。・・・

2007/01/05(金) | テコンドー自主トレ | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://taekwon.blog86.fc2.com/tb.php/93-da5a5ef5
 |  HOME  | 
ページランク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。