スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

怪我の功名(前編)

双子の弟達が生まれて間もない頃、「双子のメーリングリスト」に参加していたことがある。すごい登録人数がいたらしく、毎日50~100通程度のメールが飛び交い、数日メールチェックを怠るとすぐに受信ボックスが大変なことになったりしていた。

そんなメーリングリストであるトラブルが発生したことがある(参加者の多いメーリングリストでは結構あると思うのだが)。それは、ある相談者が「子供の病気」に関しての投稿をしたときのこと。その相談に対しておそらく全くの「善意」で「心配しなくてもいいですよ~うちもそうでしたから・・・」的なレスをした人がいた。しかしこのレスに対して空気の読めないヤツが噛み付いたのだ。

「大丈夫なんて、医者でもないあなたがよく無責任なこといえるね、大変な病気が隠れている可能性もある訳だからそんな根も葉もないアドバイスは控えるべきだ」

というような噛み付きであった。

「おまえ、親切で言ってるんだからそんな言い方ないだろう?」

と私が思ったように多くの人が反発し、その後は大変なバトルが繰り広げられ私もそんなメールを読むのがつらくなり、ついには脱退することにした。

----------------------------------
確かにあの空気の読めない噛み付きには不快感を覚えたが、ただ不特定多数が見る場で、安易な発言には注意が必要だと言うことはこのとき学ばせてもらった。

私はよくここで「怪我」についての話題をする(無理してすぐ怪我するもんで:汗)その時「医者がこういってた」的な発言もしたりすることもある。ただこれもあくまで「個人的な経験」にすぎないので、あまり鵜呑みにしないでくださいね(あえて嘘は言っていませんが)。

案外、医者のいうことよりとなりにいる友人の話を根拠なく信じてしまうパターンって結構あったりするでしょう?(笑)

------------------------------------
さて、本題!(前置きナガッ!)・・・そういう訳で実はまた怪我してしまったんですよ(汗笑)

昇級審査中、トルリョ・チャギ(回し蹴り)の試割りをしたときのこと。一応、試割りは「成功!」しました。ただ、インパクトの瞬間「若干」足の甲がズキッ!とした(蹴った部位は「上足底」だが跳ね返り力で)。

その後もたいした痛みは感じないまま、審査を続け無事終了。この時点での痛みは、あくまで「やや」という感じ。

その後、納会に突入。車のため酒は控えたが、身体から汗を流すほどに焼き肉をバンバン食べていた。・・・すると、体温が上がるのに比例して、さっきまでほとんど気にならなかった足の痛みが徐々に増大し、ついには「ズキズキ」と疼きはじめ我慢ができないほどの激痛にまで発展してしまった。

この時思った。「ヤバイ!折れてたのか!!」

今年に入って何度か「肋骨」を折った経験から「後から痛みが」というのは既に経験済み。しかも、この時の痛みと言ったら「肋骨」を折ったときの比ではない。

納会終了後、いつもならもっと道場生と今年最後の挨拶等をゆっくりしてから帰りたいところだったが、もうこの足の痛みに耐えきれずすぐさま病院へ連絡。

「さっき足の骨折ったんで(いきなり断定!)、救急で看てもらえますか?(強気の交渉)」」

そして、さっきまで練習していたスポーツセンターの真ん前の病院へ・・・。レントゲンをとりいざ診察。

ドクター「ああ、折れてないね・・・折れてなくてもね、疼くことはあるから。痛み止めほしいんでしょう?坐薬出しておいてあげるよ・・・」終了。

やってしまったあ~!「超~お騒がせ患者だ・・・やや赤面&反省」

でもよかった!折れてなかった!

勉強熱心な私は(?)その後、ネットで「足の打撲」を色々調べてみるとに。以前、肋骨を折ったときも色々調べたおかげで「肋骨のヒビの痛みのピークは時に一週間後」というようなことも知ることができ、対応することもできた。

・・・足の打撲は打った直後から内出血がスタートして数時間後には歩けないほどの痛みに達するケースはよくあるとか。だから例えば、登山中の打撲などは「最初はOK」で無理しているととたんに歩けなくなって下山不可となる危険もあるらしく、足を打撲したら即下山が常識だとか・・・なるほど納得!

でもまあ、これはくどいようですが私の個人的な経験の一例ですので違うパターンも当然あるでしょうね。まあ基本は自己判断に頼らず即医者に看てもらうってことでしょうね。

で、今日はその痛みもずいぶん・・・

っと、こんなつまらないネタでずいぶん長くなりましたね。疲れてきたので以下続きとしましょう(って続くのかよ!)。

2006/12/26(火) | 普通の日記 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://taekwon.blog86.fc2.com/tb.php/87-81dcf531
 |  HOME  | 
ページランク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。