スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

誇れるもの

今日、長男Hの担任の先生との面談があった。・・・久しぶりに入った小学校の校舎。この日、面談を行うのはいつもHが授業を受けている教室だった。校舎に入ると長男Hが私を待っており教室まで案内してくれた。Hはなんか嬉しそうに、また誇らしげに私の前を歩いていた。

Hのこの嬉しそうな顔を見てある時のことを思い出した・・・・

----------------------------------------------------------------------------------------------

・・・実は半年くらい前、長男Hが家で悔し涙を流したことがあった。我を押し通しすぎて、また正義感を表に出しすぎてしまったことが原因で、意地の悪いリーダー格の子が何人かとつるんで「仲間はずれ」攻撃を仕掛けてきたことが原因だった。

この時は、妻も動揺し、またヒートアップしてしまい収拾がつかなくなったので私が学校を訪問して「クレーム」を入れざるを得なくなってしまった。「学校に殴り込み」とはこのことか・・・ドラマのようだなあ~などと私は結構余裕で面白がっていたのだが(笑)

仕事中抜けてきたのでスーツ姿&私のテンションも完全仕事モードで「イケイケ」だった。それが先生へかなりのプレッシャーを与えてしまったようで先生は先生でテンパっていたように思う(笑)

この時、恥ずかしながら長男Hが毎日生活する「教室」に入るのははじめてであった。

「ああ、あいつは毎日ここで生活しているんだなあ」

というあたりまえのことをしみじみと実感したのを思い出す。

この時、私が「ある友達」が「仲間はずれ」攻撃をしかけていることを先生に告げた。先生は全くこのことを知らず、まさに晴天の霹靂というほどにびっくりしていた。それは「その友達」がとっても「いい子」だからだそうだ。

「そんなことをする子ではない」

と「何かのまちがいでは?」と私のクレームに対して「あたなの言いがかりだ」的なリアクションをされていしまい、さすがの私も前の日の「息子の悔し泣き」の場面を思い出し・・・

「プチッ!」

と切れた・・・が、冷静さを失わず

「信じられないのなら、とにかく他の生徒たちから事情を聞いてくれ」と先生に頼んだ(後日、友達の間でも相手方の友達に対する非難が多く潜在していたらしく、先生とその友達の親から丁重な詫びが入った)。

・・・その後、一方的にクレームを入れるばかりもよくないと思い・・・そこは大人の対応として(?)私は長男の融通が利かない性格から時に周りの友達に迷惑をかけている場面も多々あるであろうことを先生にお詫びした。ただ子供ゆえにそれをまだ自分ではコントロールできないと思うから、先生にこれから先、同様な場面でのフォローをお願いした。

そして先生は最後にこんなことを言ってくれた・・・きっと私に対する「よいしょ」だとは思うが・・・

「Hくんはね、お父さんとテコンドー習っていることをいつも自慢げに私に話しにくるんですよ・・・よくお父さんのことを嬉しそうに自慢していますよ・・・」

そして先生が指差した壁にはタイミング良く(?)子供たちが書いた「お父さん」の絵が飾ってあった。

そしてそこに描かれた私は、なんだか実物よりもやたら勇ましく・・・そしてきっと実物よりもやさしそうに笑っていた。

この絵を見た私の顔は、この絵の笑顔とは裏腹に、不覚にも「グッ」と涙を堪えていた・・・・。
-------------------------------------------------------------------
この先、いろいろなトラブルもあるだろう、ただテコンドーがこれらの困難を切り抜ける「強い心の柱」となってくれるような気がする。少なくとも彼の中でテコンドーが「誇れるもの」に成長していたことを知って彼をこの道に引き込んだことが間違いでなかったことを嬉しく思った。

2006/12/20(水) | 少年テコンドーファイター 息子達 | トラックバック(0) | コメント(4)

«  |  HOME  |  »

テコンドーパパ

『』

こんばんは。読みながら私も涙目でいっぱいになりました。良いお父さんですね。息子さんとうちの息子は似ているな思えてしまうんです。その分、感情移入してしまいウルウル状態です。ファイターさんの父子関係を見ながら共感したり、うらやましかったり、涙したり、特に今回は「強い心の柱」の言葉にはうなってしまいました。この言葉いただきます。

2006/12/24(日) 18:01:33 | URL | [ 編集]

taekwon-fighter

『』

ブログでの私ではどうしても「いい父親」を無意識にアピールしてしまう場面が多くありますが(?!)実際にはぜんぜん人並みな(時には人並み以下!?)ダメ親父ぶりを発揮しています(笑)。テコンドーパパさんとは年代が一緒ということもあると思いますが共感することは多く、またいつもコメントいただくことでとっても励みになります。ありがとうございます。

2006/12/24(日) 18:45:57 | URL | [ 編集]

ガネーシャ

『』

先生びびったかも(笑

あたしだったら冷静に話せるかなあ・・・とか考えちゃった
でも子供がいる限りはこーゆう問題は避けて通れないもんね(T▽T)

子供がいじめられるのって自分にやられるよりつらい(TT)

2007/02/22(木) 21:55:53 | URL | [ 編集]

taekwon-fighter

『>ガネーシャさん』

母親はやっぱ感情的になるようだね。うちもそうだったし。・・・その分、父親は冷静しないとってあえて思った部分もあったしね。・・・まあ、単なる「相手の子供」との小競り合い的なもので、ひどいいじめってほどでもなかったからというのもあるかな。

まあ親がですとも自分でしのげるような強さをはやく発揮してほしいですね(^^)

2007/02/23(金) 00:49:57 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://taekwon.blog86.fc2.com/tb.php/86-985ac66e
 |  HOME  | 
ページランク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。