スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

8年ぶりの組手

道場通いをはじめてからはじめてのマッソギ。・・・30秒を数本の「軽め」であったが、涙が出るほど楽しかった。「やっぱこれだ~!」と思った。

フルコンの癖が取れない私は、正面を向いてジリジリと間合いを詰めてしまう。きっと顔面パンチありだったらこうはいかないはずだ。

相手はやはり横蹴りorトリョチャギのジャブが多い。私の身体はその蹴りをステップでかわさず「腕で払う」という反応をした。ライトなスパーだからか、その日はこれで十分さばけた。間合いもミドルを保てるので跳びこむ必要がなくカウンターは当てやすかった(おっさんとしてはスピーディーに跳びこむのはしんどい・・・苦笑)。特に至近距離での上段のトリョチャギを返すと相手はステップでバックしきれず(腕でガードする癖のない相手では)さばききれないケースがあった。

一度中段のトリョチャギを膝を上げて「すねうけ」をした(ルール的にはいいのだろうか?)。かつては「すねうけ」にはじまる「受け返し」は来る日も来る日も繰り返した動作なので反射的に出てしまうね。

2005/08/06(土) | テコンドー道場稽古 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://taekwon.blog86.fc2.com/tb.php/8-94f39e2a
 |  HOME  | 
ページランク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。