スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

弱気な俺へ・・・

今日の大会での出来事。

会場に入るなり・・・その雰囲気に呑まれた。それからマッソギの試合が終わるまでの間「弱気な俺」という強敵との戦いがはじまった。

「なんでエントリーしてしまったんだ俺は?」
「棄権しちゃおうかな?」
「一回戦強い相手とあたって負ければその後、楽になれるな」
etc・・・

こんな、今の冷静な自分からは全く理解できない「ありえない、あってはいけない」発想が、なぜかあの会場では後から後から湧いてきた。

あげくの果ては・・・一回戦、延長戦の末「勝利」を告げられた後、本来「喜ぶ場面」でよぎった最悪の`悪魔のささやき`・・・

「ああ、また戦わなくてはいけないんだ・・・」

勝ってこんなこと思うヤツが二回戦勝てるはずがない。技術以前の問題だ。

いつからこんな弱虫になったのか?

歳とると弱気になるのか?

・・・いや、もともと俺はそんな程度なんだろうか・・・。
------------------------------------------
2回戦・・・
確かに「勝つぞ!」という俺もいた(と思いたい)。しかし、今思い返しても「何が何でも勝ちいく」という戦い方はしていない。相手は決してラフファイトを仕掛けるタイプではいのに「前回同様、またもや」俺は下がり続け、場外で3度注意を受けて減点もとられた。前回の反省で、これだけは克服したかったはずなのに・・・・。

ラスト30秒、明らかに劣勢なのは自分でも分かっていたのに結局、果敢に攻めることはせず・・・試合終了を迎えた。息もろくに上がっていない。強烈な自己嫌悪をともなった不完全燃焼。
-----------------------------------------
なんでこんなことになってしまったのか?
「もともとの性格だから」とは言ってしまいたくはない。・・・だとすれば前へは全く進めないから。

あの時、何をそんなに恐れていたのか?

負けること?

攻撃をもらうこと?

スタミナが切れてつらいこと?

・・・全部だね。全部。とにかく全部だ。

しかたない。今日はこの「弱さ」全部をひっくるめて受け止めるしかない。

前回同様またもや「一から出直し」だ。・・・いや、マイナスからのスタートだな。

--------------------------------------------
とにかく今日の俺は自信がなかった。・・・練習は自分なりに積んだはずなのに、今日は自分を信じきれず他人ばかりが強く思えた。

だから、だから、今日感じた不安を全部、全部、全部・・・克服できるまで練習するしかない。練習するしかない・・・もっともっと。

こんな強敵が自分のなかに潜んでいるとは思ってもみなかった。

また、新たな自分を知った・・・知りたくなかったけど(笑)。

2006/05/28(日) | テコンドー試合の反省 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://taekwon.blog86.fc2.com/tb.php/57-94232a36
 |  HOME  | 
ページランク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。