スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ショック療法

今の仕事環境に徐々に慣れてきたからか?

たまたま仕事の状況が落ち着いているからなのか?

少しずつ心に余裕がでてきて、


唐突に・・・

「よし!いっちょ(息を)上げてみるまで(サンドバッグを)蹴ってみるか?」

という気になった。


今までも、仙台に越してきてから暇ができれば「軽く」サンドバッグを蹴ることはあった。

しかし心拍をMAXまで上げるような「息上げ」は、今年の全日本の前からだから半年間していない。


3分×2ラウンド

今日はこれが限界だった。


しばらく放心して動けなかった。

身体中の筋肉が悲鳴をあげて「ガクガク」と力が入らない程に疲労した。

半年間サボったツケを痛感した。

しかし・・・

途中「まだまだ動く身体」もまだ自分の中に残っていることを発見する。

まだまだ動く身体から、こんな声が聞こえてきた。

「お前は、あれだけ苦労して築き上げた”この動き”が、だんだん錆びていくのをただ見てようというのか?」

「ここで終わってほんとうにいいのか?」


ぐずぐずと平行移動していたモチベーションの先が「ピクン」と少しだけ上を向いた。

「パチン」と何かがはじけた気がした。


たった2ラウンドのショック療法。

明日からの気持ちに何がしかの変化が生まれるのだろうか?
                                    

2009/10/04(日) | テコンドー自主トレ | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://taekwon.blog86.fc2.com/tb.php/549-620fead2
 |  HOME  | 
ページランク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。