スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

長男H 昇段~自分を育ててくれたテコンドーというもの

今日は、府中本部での長男Hの昇段審査だった。

小学校3年生から、始めたテコンドー。

長男Hも、中学1年でようやく一つの節目を迎えることができた。


よき仲間に恵まれ、よきライバルと切磋琢磨し、たくさんの大会にチャレンジして・・・

その努力の集大成が今日の審査での「動き」であったはずだ。


はじめて袖を通したときはうれしかったはずの初めての道着が、今日は、もう「よれよれ」になったいた。その苦楽を共にした道着との最後の「大仕事」。


そして、今日、あたらしい真黒い「帯」と新しい「有段道着」を手にすることができた・・・


明日からは「新たな修行」が始まる。

夏にやった「昇段合宿」のとき、道場長から長男Hはこう言われたそうだ。


「いまのHという人間を語るとき、テコンドーは絶対はずせないと思うぞ」


自分を育ててくれた「テコンドー」だということを、この記念すべき日にもう一度かみしめて、さらなる高みを目指して頑張ってほしいものだ。


よき仲間であり、よきライバルでもあるW兄弟と(↓)

20090927.jpg








2009/09/27(日) | 少年テコンドーファイター 息子達 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://taekwon.blog86.fc2.com/tb.php/547-6d11060f
 |  HOME  | 
ページランク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。