スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

K-1 MAX 日本トーナメント

やはり一応書いておかねばなりませんかね・・・

月曜日に行われた、K-1MAXの日本トーナメント。

日本予選ですから、一般のお茶の間の人には

「誰だこれ?」

という試合が多かったのでしょうか?

そんな中・・・

いろんな意味で、一番目を引いたのは・・・

「長島☆自演乙☆雄一郎」なるアニオタファイターでしょう(↓)。
http://ameblo.jp/jienotsu/

私は過去に何度か、雑誌記事を見ていた印象と、YouTubeで数度映像を見印象とで・・

結構強いかも?

とは思っていましたが、MAX出れば、結局ボロがでるんだろうな・・・とも思ってました。

でも・・実際強かったですね~。

魔裟斗も指摘していたノーモーションの縦拳右ストレートや、そのあと一気に右回りに体を入れ替えるポジショニングとか・・・あれが日本拳法独特のものなんでしょうか?

新鮮でしたね。

ちなみにキャラは「まったく!」違えど「誰かに似てるなあ~」と思ったら爆腕「大月晴明」に似てる!?
http://www.k-1.co.jp/jp/fighter/player.php?index=otsuki_haruaki
顔が・・・そして、あの強引なパンチのラッシュが

双方のファンに怒られそうだけど(笑)



他は・・・

優勝したコヒ。昔は結構好きな選手でした。

復活も願っていました。

でも、なんか釈然としないですね。

むかし、パンチのラッシュに対してすぐに背を向けて逃げてしまうコヒを揶揄した

「痛くなったらすぐ背デス(death)」

なんて、あまりにセンスのいいタイトルのついたスレッドがありましたが(今もあるのか?)

・・・さすがにそれは見られなかったにしろ(?)

彼の”いつもの”悪い部分も大いに見せられてしまったので・・・

「ほんとに復活したのか?」という思いが残ったのは私だけではないでしょう。


今回は・・・

「TATSUJI」が優勝しなければいけなったように思います。

調子は良さそうでした。

パンチのコンビネーションもすばらしかった。

でも、あそこでハイキックを貰ってしまうはやはり「もう一つ」何かが必要だったのでしょうか?

ぐらついても「前に出つづける」精神力は前回の魔裟斗を彷彿させたりもしましたが、あそこで逆転できないのがまた魔裟斗との違いということなんでしょうか?



何にしても・・・全体的に

「もうちょっとかなあ~」

という印象を受けた大会でした。

・・・60点

2009/02/25(水) | 格闘技マニア | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://taekwon.blog86.fc2.com/tb.php/532-09a09cc8
 |  HOME  | 
ページランク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。