スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

膿の中の光

「今の上の人たち見ても、魅力感じないから・・・上に行きたいと思いませんよ」

今日の部下との面談で。

この「上の人たち」にはもちろん私も含まれる訳である。

優秀な部下である。

その部下のモチベーションが下がってしまった最たる原因は、まぎれもなく私に責任がある。


その面談中、自分を棚上げして・・・分かっていても、その責任が自分以外の「上の人間」にあるような必死の言い訳をしている自分が・・・

今思い出しても、恥の極みだ。

カッコつけても・・・偉そうにしても・・・できるフリをしても・・・

肝心な場面で弱い人間の典型のような態度をとる自分には心底うんざりだ。


過去に「辛い環境こそ幸せなんだ」という話題を書いた。

辛さを感じる真っ只中にいると、なかなかそのようなポジティブシンキングは難しい。


久しぶりに「酒でも飲もうか」という気にもなった。

しかし・・・・

やめた。


そんなことをして「辛さ」に蓋をしても、さらに落ちるだけだ。

この辛さを、誤魔化さず、全身に浴びる勇気を持て!

・・・胸から腹から、「辛さ」というドロドロの膿みを、

まずは、目の前のテーブルの上に全部ぶちまけないといけないのだ。


その膿の中に・・・


光る何かが、きっとあるはずだ。


顔をゆがめて、身を捩ってでも、その膿みをなめ尽くし、その光を見つけなければ・・・

先へは進めないのだ。

2008/12/11(木) | 普通の日記 | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

山崎です。

『No title』

上が変われば、下も変わると思います。

役職の役は、部下の役に立つ役と考えております。

自ら率先が大事ですかね・・・・

2008/12/13(土) 22:04:19 | URL | [ 編集]

taekwon fighter

『>山崎さま』

自分の立場としては「自分に責任あり」という事実から目をそらすことはしないように気を付けています。このケースでは部下が「自分に責任はなく上がいかん」と他人(上司)に責任があるという「発想をしてしまっている」ことが深刻な気がします。

「自分の責任で」という発想に導けなかった指導力不足ですね。

難しいです。

2008/12/14(日) 19:41:22 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://taekwon.blog86.fc2.com/tb.php/505-98d4a01a
 |  HOME  | 
ページランク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。