スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

同じ体重でも中身が違う

8月末の大会で、それこそ「無理やり」体重をリミットまで落とし込んでから、はや三週間がたちました。

今週末は第二回の全日本選考会です。

つまり土曜日には「計量」があるということですね。

三週間前に一旦「リミット」までたどり着いているので、今回の減量は前回よりも余裕はあります。

基本的には「リミットの維持」をすればいいんじゃないの?

となりそうですが、そうはいきません。

大会終了時にはすでに62kg(+5kg)。

これは脂肪が一気に5kgついたわけではなくほとんど水分がもどっただけです。

今回も同じだけ水分カットすれば、つじつまは合わせられたと思いますが、それだとコンディションがメタメタになるのは前回経験した通り。

だから今回は三週間掛けて最後の水分カットを楽にするための減量を継続する必要があったわけです。

だから現在は、三週間掛けてジンワリと体重は減りつづけ、今の摂取カロリーは前回よりも随分多いのですが、すでに58kgを割っています(ラスト1kgを切っています)。

体脂肪率も前回は10%を切るくらいでしがた、すでに7%前後。

きっとラストは5%までいくように思います。

ボクサーやレスリングのように計量後、体重(水分)を数kg戻して「重くなって」有利に戦う・・・という発想もありますが・・・

ポイントルールで「倒す」必要のないテコンドーは「体重増加」によるメリットよりも、もっと体脂肪を削ってのコンディション重視がベターなのかな?

・・・と、今の自分に有利な解釈をしています(笑)


ただ、前回よりは楽とはいえ・・・

もちろんそれは「前回と比較して」のお話で、普通の生活から比べれば厳しいことには違いありません。

・・・後2日の辛抱!!

がんまります!!

2008/09/17(水) | コンディショニング&減量 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://taekwon.blog86.fc2.com/tb.php/459-d64ef99c
 |  HOME  | 
ページランク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。