スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

計量から試合までの体調

今回の計量後の体調について、

後々の参考とするために、一応記録として残しておきます。


前日の計量。

57kgリミットのところ、56.6kgでパス。

計量後、数時間は水分を取ろうとしても咽てしまうほどで、水分補給にも苦労する始末。

ですから慎重に、一回の飲料を最大200mlと決めてこまめに水分を体内に戻していきました。

食事としては、計量直後かろうじてバナナを1本獲りましたが、耳鳴りは相変わらず続いており、3時間くらいはボ~っとしたまま夢の中にいるような感覚でした。

むろん下半身には力は入らずしばらくは歩くのもしんどい状態は続きました。

同じく計量を受けたメンバーはしばらくして普通に動いていましたので・・・

つくづく今回の私の調整に無理があったことを痛感します。

水分補給は、スポーツドリングを半日掛けて4L飲む。

計量から5時間くらい経過したころにようやく「パスタ」を半人前食べてみました。

これでも胃は充分もたれてましたが・・・食べ終わった後、ようやく霧が晴れたように頭がクリヤーになり・・・

「あ~!やっと自分が戻ってきた」

とこのとき感じたのを覚えています。

その後、慎重な水分補給と、炭水化物を中心とした細かい食事。

自分の胃の具合と相談しながら・・・

計量はAMだったのですが、その日の夜にはようやく普通の「ごはん」を食べることができるまでに回復。

----------------------------------------------------

次の日、試合当日。

食事は少量なら何を食べても大丈夫になりました。

しかし、足のだるさが取れきれていないのが・・・少々気になります。

試合前の2日間は足に負荷がかかる動きはしていないので、疲労というよりははやりグリコーゲン不足なんでしょう。

会場ではエネルギー系のゼリーをこまめに補給。

アップをしている時にも「足のだるさ」が気になる。

----------------------------------------------------
試合。

前半は比較的動けていたと思う。ただ、1Rの後半で「スタミナ切れ」を早くも実感。

2R目。気持と身体がちぐはぐ。反応がワンテンポ遅れて、ポイントを獲られる場面が増える。こちらのカウンターのタイミングも全部ワンテンポ遅れ。終いには後ろ回転系で蹴るとコケル場面が増える。

試合終了・・・心は泣いても、膝は笑っていた。

今思うとグリコーゲン温存云々などと素人考えでアップを中途半端にしてしまったのも悪かったのかな?とも思う。

一回、息を完全に上げておけば、又違ったのかなあ~なんて想像してみる。



・・・もちろん今回のスタミナ切れは「減量」だけが原因とは思っていない。

もっと過酷な減量をしたボクサーが無尽蔵のスタミナを発揮する訳ですから。

根本的なところは・・・練習不足。

そこは勘違いしてはいけないと思う。


試合が終わった後、リバウンドが襲ってきました。

「甘いモンが食いて~!!」

という感覚ですね。

それからは、もう少しぐらい「胃」に負担かけようが菓子パン等、食べたいものを食べました。

家に着いて・・・計量してみれば・・・61kg!

すでに4kg増。

まあ、これは脂肪ではなく、ほとんど水分がもどっただけだと思いますが(笑)

2008/09/02(火) | コンディショニング&減量 | トラックバック(0) | コメント(1)

«  |  HOME  |  »

-

『管理人のみ閲覧できます』

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/09/04(木) 00:06:24 | | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://taekwon.blog86.fc2.com/tb.php/452-1f93c774
 |  HOME  | 
ページランク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。