スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

伊調千春選手の減量

減量中ほど一日が長いと感じることはない。

時間って絶対「伸び縮みするものだ!」と確信するこのごろ(笑)。

減量も大詰めを迎えると、挫けそうになる心をなんとか「鼓舞」・・・というか「ごかまし」て(笑)

長い長い一日を過ごしていく。

今朝の計量で58.2kg・・・あと1.2kg。

「大丈夫だろうか?」

と不安になるが、こんな記事を読んで・・・少しだけ気持を上向きにさせる。

北京五輪のレスリングで大活躍した、ご存知「伊調姉妹」のブログ(↓)
http://weblog.hochi.co.jp/ichosisters/

お姉さんの「伊調千春」選手が、北京五輪のTV映像で、ラストの減量に泣きながら耐えている姿に衝撃を受けた人も多いと思いますが・・・それを裏付けるご本人の記事がありましたので引用させてもらいます(随分前の記事ですが)

レスリングには、減量との闘いもあります。やり方は人それぞれ。48キロ級の私はだいたい、5日間で5~6キロ落とします。普段から食事は朝昼兼用と夜の一日2食ですが、減量を始めると、夜の食事量を徐々に減らしていきます。ご飯もおかずも半分。カロリーのことはあまり考えません。キツイのは最後の2キロ。50キロまではすんなり落ちるのですが、カラカラの状態で練習をやっていくから、その後が苦しくて…。減量スーツを着て練習し、ストーブの前で毛布をかぶって汗を出し、水分も取らない。体温の調節機能が狂うのか、体が火照ったり、逆に寒くなったりして、夜は眠れなくなります。

 5日間は短いと思われるかもしれませんが、あまり時間をかけて減量すると、計量後に体重の戻りが遅くなってしまいます。試合では体重の重い方が有利。だから、できるだけ早く体重を戻さなければなりません。計量後に食べるのは主に炭水化物。いきなり、いろいろなものを食べると体がビックリするので、雑炊やうどんとか。体重は5時間で元に戻ります。
(ブログ「伊調姉妹の一丁やります」2008年5月21日 (水)より引用)
http://weblog.hochi.co.jp/ichosisters/2008/05/post-2ab2.html

これ見れば・・・「やっぱ俺なんてラクショ~じゃん!」

と成る訳です。

え~私は単純ですから(笑)

2008/08/28(木) | コンディショニング&減量 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://taekwon.blog86.fc2.com/tb.php/447-11230d58
 |  HOME  | 
ページランク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。