スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

背中

また買ってしまった。・・・トレーニング器機を・・・

商品名『BODYMAKER マルチヘルシートレーナーⅡ』 ・・・まあトレーニング器機といっても主に「懸垂」をするための「ぶらさがり健康器+α」程度の代物。
e0023701_22302162.jpg


ところで「懸垂」ってどこ鍛えるトレーニングか知ってますか?・・・え?常識ですか?そうですね。・・・ご存知の通り「背中」ですね。具体的に言うと「広背筋」ですね。そういえばブルース・リーの広背筋の発達は半端でないですね。そう、あの両腕を横に広げた時に脇の下からまるで「むささびの翼」のようにせり出した「あの筋肉」です。

「突き」の威力を増大するためには腕・肩・胸よりも「背中の筋力」の重要性を主張するファイターは数多くいますね。そうかとえば「パンチでは広背筋は関与しない」なんて主張する人も最近できているようですが・・・ 個人的には武田幸三とか緑健児(極真元世界チャンプ)とかパワフルなパンチを放つ私の大好きな格闘家は皆「背中」のトレーニングに重きを置いているので・・・当然私もそれにならう(笑)

以前に紹介したサーキットトレでは実は「背中」のトレーニングが低負荷でのベントオーバーロイングのみだったので、いまいち背中のトレが弱かったのが気になっていた。・・・で、今回の購入で背中をもっと重点的に鍛えたろう!という狙いなのだ。
(写真:格闘ボディーデザインBOOK 2005年春号より・・・見難いけど武田幸三、懸垂してます!)

「たかが懸垂」といっても、実はグリップの広さを変えたり上がった時にバーを顔の前に持ってくるか(チンアップ)、頭の後ろに持ってくるか(プルアップ)、順手・逆手にするか、など多くのバリエーションがあってやり方によって関与する筋肉が変わってくるので上半身を鍛える上で非常に優秀なトレーニングなのだ。
e0023701_22414932.jpg

2005/12/15(木) | テコンドー自主トレ | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

道場長!

『』

お久しぶりです。最近自分のBlogさぼってますが・・・。
さて、今年もあと残すところ数日ですね!そ?ですね!!懸垂はいいですよね!! 私も昼トレには欠かさず入れています。 最近はまっている(?)やり方は、足を腰から90度に曲げ膝を伸ばして行うもの。あれが結構キツイ! あと、自分は、とにかく回数よりも、あと1回!あと1回!とやっています。 だから、気力がないときなんかは、10回1セットしかできないこともありますね?。。バギパパのような背中に鬼が出るようにファイト!

2006/12/24(日) 14:50:10 | URL | [ 編集]

taekwon-fighter

『』

☆道場長!さま
なるほど・・・どうりでウエイトの割に(?)上体が厚いなあ?と思っておりました。・・・懸垂は思ったよりキツイですね。ワイドグリップだと数回しか上がらなかったです(恥)。

私はどちらかというと持久力・スピード重視の「低負荷・高回数」トレが中心なんでなんで実はイメージほど(?)マッスルパワーはないんすよ?(笑)

2006/12/24(日) 14:50:39 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://taekwon.blog86.fc2.com/tb.php/41-40e88f02
 |  HOME  | 
ページランク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。