スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

コントロールできる唯一のもの

去年の今ごろ

「仕事についていけない」

と言う理由で退社した若者(部下)がいた。


そして今年もまた・・・

同じことが起きた。

厳密に言うと、今回は「若者」ではなく私より年上の社員であり、「退社」ではなく他部門への「異動」ではあるが。

「結局よく似たパターンで挫折してしまった」

「よく似た2人だったなあ~」

という感想があった。

はじめは・・・

「似た性格の2人だから同じような結果になってしまったのだろう」

と安易に考えてた。



ただ、ふと・・・


「私の対応が同じだからアウトプットとして同じ結果になってしまったのではないか?」

という疑問が・・・頭をよぎった。



「彼らをあのような結末に導いた、原因の一端が私にあるのか?」

という想いだ。


「俺は悪くない、弱い相手が悪い」

こう言うのは簡単だ。

・・・多くの人は(もちろん私も含めて)いろんな理由をつけては自分を正当化して「自分は悪い」とは認めたくない傾向が強い。


私には、小さいながらもその「組織」を強くしなければいけない義務があったはずだ。


「ろくな部下がいないから」

という理由で責任を「自分以外」に押し付けることを繰り替えしてもその義務をまっとうできていない。

あたりまえだが・・・自分の責任だ。

辞めていった部下の責任ではない。


「本当にその状況を改善したいのであれば、コントロールできる唯一のもの、”自分自身”に働きかけることである(スティーブン・R・コヴィー(「7つの習慣」より)」

「世界に変化を望むのであれば、自らがその変化になれ」(M.K.ガンジー)

こんな言葉が身にしみる。

私の指導、接し方を替えれば・・・彼らも変れるチャンスがあったのかも知れない・・・

2008/04/03(木) | 普通の日記 | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

山崎です。

『社員教育』

今回のブログの件、良く分かります。

私も、相手を変えさせたいのであれば、まず、自分を変えれなければいけないと教育を受けました。

決して相手のせいにしてはいけない。

自分が変われば相手も変わる。

その為には、自分自身も努力をしないといけない。
本をいっぱい読んだり、論文も沢山
書かないといけないと思います。

(乱文にて失礼致しました。)

2008/04/04(金) 23:42:48 | URL | [ 編集]

taekwon-fighter

『>山崎さま』

コメント有難うございます。

なかなか難しいですね。

・・・私もまだまだ、いろいろな場面で悟りきれない自分を痛感する毎日です(^^;)

もっともっと精進しましょう!!

2008/04/06(日) 18:22:51 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://taekwon.blog86.fc2.com/tb.php/394-2f0f7de0
 |  HOME  | 
ページランク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。