スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

540°・・・子供の吸収力

道場稽古が終わった後、数名の練習生が「ミット蹴り」をはじめた。

長男Hが珍しく”自主的に”その「ミット蹴り」に参加していた。

私は前日のロードで痛めた「膝の痛み」が強かったので、参加せずにその練習をぼんやり眺めていた。

テクニシャンな黒帯数名が引っ張るシチュエーションからか、そのミット蹴りはどんどん「高度な蹴り」にエスカレートしていき・・・皆、回転系の大技がバンバン繰り出されていた。

長男Hも、そんな中に混じって一応「それなり」に回転技を繰り出していた。

前にも記事したことがありましたが、テコンドーの回転蹴りはまず半回転(180°)からはじまり一回転(360°)、一回転半(540°)、2回転(720°)、2回転半(900°)とある。実際には一回転半540°ができれば「スゲ~!!」という状況になる。




「おお~!?」

という歓声が長男Hに対して上がった。

何の前触れもなく急に長男Hが「540°」回ってしまったのだ。

(この蹴りです↓・・・もちろんここまで上手にはできませんが:笑)
http://jp.youtube.com/watch?v=zMsPy6abdJo

「おいおい!いつ憶えたんだよ!!」

と見ていた私もビックリ。

後で本人に確認したところ「360°やろうと思ったら自然に回っちゃった」とのこと。

上手な練習生に混じって必死に練習してたら自然に身体が反応してしまったのだろうか。

前にも話題にしましたが、これが子供も吸収力の凄さですね。

「子供だから無理だろう」

と勝手に限界を作らずにに・・・

「どんどんと、上手な青年部の中で揉まれる」

というのは少年部をぐ~ん!と上に引き上げるポイントかもしれませんね(^^)

それにしても、恐るべし!子供の吸収力!(笑)

2008/03/15(土) | 少年テコンドーファイター 息子達 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://taekwon.blog86.fc2.com/tb.php/380-38353089
 |  HOME  | 
ページランク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。