スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

超ド級プレッシャー

全日本大会まで二週間をきりました。

実は、個人マッソギ(組手)の試合に出場することよりも、巨大な重圧が目の前に立ちはだかりました。

団体戦

・・・実はうちの団体チーム・・・

強豪です。

念のため、詳しくは書きませんが・・・とにかく凄いんです。

そんな強豪メンバーと一緒のチーム・・・本来、これほどの栄誉はないのです。


でも・・・私の場合、客観的に見て、黒帯取得後、一ヶ月。この事実は換わりようがありません。


当然のごとく、キャリア不足、経験不足。

・・・嬉しさよりも重圧が重く重くのしかかってきます。

百戦錬磨の強豪メンバーに混じって・・・黒帯取得一ヶ月のひよっこの私。

特に「トゥル(型)」に関しては、黒帯トゥル(型)がメインで争われます。

普通、一ヶ月と言えば「ようやく順番覚えたよ!」という時期じゃないでしょうか?
そんな時期に、全国の強豪相手にそれを凌ぐほどに練りこまなければなりません。

こんな過酷なシチュエーション・・・そうそうありはしないですよ。

団体戦のことを思い出すだけで、胃がよじれる程の

     ・・・近年まれに見るプレッシャーの毎日です。

「試合の前から、余計な心配ばかりしていないで

       ・・・今自分は何をすべきかだけを考えよう」


レギュラーが決まってから何度も・何度も・何度も・・・・自分に言い聞かせています。



まだまだ2週間弱「」ある。

”たっぷり”練習できる」と前向きに考えるしかない。


2008/02/26(火) | めざせ!全日本! | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://taekwon.blog86.fc2.com/tb.php/368-f36875b4
 |  HOME  | 
ページランク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。