スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

試練を超えろ!

前日の疲労が残っていた私は・・・この日、休養日とした。

長男も同じく疲労が残っているはずであるが・・・そこは子供の回復力、おっさんの私と同じはずがない!


・・・ということで長男の強化練習はすることに。

正直、前日の練習での長男の動きを見ていたら

「これではちょっとフルコンの試合はキツイな」

と実感。

まず何が必要だろう?

その一

フルコンの試合は、基本的に「ヨーイ・ドン(始め!)でスタートしたら最後まで全力疾走すると思ったほうがいい。もちろんそれに付き合う必要もないのだが、相手はすくなくともそれがあたりまえで突進してくる。それに対抗するための強靭なスタミナ・・・これなくして試合に出る資格はない。

その二

前にも話題にしたが、テコンドーの距離で戦うために相手に距離をつぶされないための技術。

その三

距離を潰されても、自分が潰されないための技術


この日は、「その三」を意識した練習をすることにした。

「ローキックのカット」
「パンチ連打のカット」
「近距離の蹴りのサバキ」

など。

これは「勝つため」の技術というよりは最低限の技術として。

もちろん勝つための技術はテコンドーの技術だ。

あたりまえだが長男の身体に染み付いているのはテコンドー。にわかじこみで下手にフルコン風に戦わせる気はない(そんなんで勝てるはずもないし)。

実は長男以外で、今回出場するテコンドー少年はみな将来を期待される「天才ファイター」ばかり。そんな天才の中にあって、普通の少年、長男が一人がみっともない試合をして自信喪失するようなことにしてしまってはいけない。

長男Hにとっては最大の試練かもしれない。

彼を潰さないためにも、今回ばかりは私も必死にならざるを得ない。

さあ!いくぞ!・・・努力で才能の壁を突破するぞ!

長男Hよ!・・・一緒に試練を超えようぜ!

2007/12/24(月) | 少年テコンドーファイター 息子達 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://taekwon.blog86.fc2.com/tb.php/322-0352d126
 |  HOME  | 
ページランク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。