スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

回転

フィギアスケートNHK杯で「安藤美姫が余裕の2位発進」の記事を目にした。

安藤美姫といえば世界で唯一ISU公式試合で4回転ジャンプ(サルコウ)を成功させた選手。

4回転する・・・ということの凄さは、実はテコンドーをやっていると、それを実感することができる。

なんで?

というと・・・テコンドーには空中で横回転しながら蹴る回転蹴りがあるからだ。

派手な技なので、実際の試合ではほとんどみることはないが、演舞では結構、派手に実演される。

テコンドーの回転蹴りはまず半回転(180°)からはじまり一回転(360°)、一回転半(540°)、2回転(720°)、2回転半(900°)まで回る人たちがいる・・・もちろんテコンドーの場合、は回るだけでなくあくまで「蹴る」ことが目的の回転。

普通は360°回れればOK。540°まで回れる人となるとグッとその数は減る。

この「回転蹴り」の練習していると例え一回転半でも体感としては目が回るほど回転をしている感覚になる。

いわんや4回転も回るなんて・・・どんだけ凄いんだろう?と思うわけだ。きっと我々が体感しようもない別世界を体験できるんだろうなあ~という気がする。

いつものように参考映像リンクしておきます。
凄いですね~

http://jp.youtube.com/watch?v=gvp1f-JrGug&feature=related

2007/11/30(金) | 普通の日記 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://taekwon.blog86.fc2.com/tb.php/302-a4af99c7
 |  HOME  | 
ページランク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。