スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

レペティション・トレーニング

最近、サンドバッグトレーニングの最後にレペティショントレーニングを行うようにしている・・・まだまだホンの数セットだけだけど(^^;)。

「レペティショントレーニング」といえば通常陸上競技で行う「キツイ、キツイ、スタミナ系のトレーニング」の代表選手。

もちろん私はテコンドー流にアレンジ・・・といっても多くの格闘家が行うとの同じだけどね。

それは・・・

「全力蹴り40秒→20秒完全休息→全力蹴り40秒→20秒完全急速・・・」という感じ。

インターバルトレーニングに近いトレーニングですね。インターバルトレーニングとの違いは「全力」と「完全休息」ですね。

この「全力」が実は・・・案外難しい。

特に自主トレだと全力で40秒蹴るといっても無意識にセーブして蹴ってしまうから。

なので、ここでの蹴りは「セーブさせない工夫」が重要!

色んな蹴りで試してみて・・・最終的に「高速左右連続回蹴り」が一番きつくて・・・セーブする余裕がなくなるので、私は「これ」にすることにした。

そうあれです・・・WTFテコンドーでよく見る、あの左右の高速トルリョ・チャギです。

あれを全力40秒・・・かなりキツイです。

もうひとつ・・・なんで40秒なの?試合3分なんだから3分でやればいいのに?・・・という疑問について。

常識と言えば常識なのかもしれませんが・・・

「無酸素系持久力の持続可能時間は理論上40秒が上限だから」

がその答え。

全力で3分を実際にやろうと思っても、それはまた違った種類の全力(完全な無酸素系ではなくなってしまう)なので・・・あえて40秒で切って中途半端にならない正真正銘の「全力」を実現させようということ。

試合中だって・・・実際には3分全力疾走している訳ではないですよね。ほんとに一気にラッシュ(全力)を仕掛けるときの持続時間はせいぜい10秒もないのでは?・・・その10秒程度のラッシュを試合中何度仕掛けられるか・・・ですね。

さてさて・・・この先、どこまでラウンド数を増やせるか?が今後の課題ですね。まだまだ・・・現時点はぜんぜん楽してますから・・・

2007/11/23(金) | テコンドー自主トレ | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://taekwon.blog86.fc2.com/tb.php/295-c85f5929
 |  HOME  | 
ページランク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。