スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

格闘雑誌

日曜日に凹んだ気持ちを、そろそろ持ち上げてやらないと・・・と思い、格闘技雑誌を3冊も購入してきた。

071031.jpg


さまざまな苦難を乗り越えているであろうトップファイター達のインタビュー記事を読めば、「挫折」を乗り越えるための「ヒント」に出会えるのでは?と期待してみたのだ。

10.3に行われたK-1MAX。自分であえて茨の道を選び、完全勝利した「魔裟斗選手」の絶対王者プアカーオとの激闘。

SBの看板を背負いながら二連敗し、

「どうやって責任をとったらいいのか?」
「どうやって現役を続けたらいいのか?
「どこを目指していけばいいのか?」
「自分はここまでだったのか?」

と出口の見えないトンネルで迷走しながらも、みごとその挫折を乗り越えムエタイ二冠であるビッグベンを破り完全復活した宍戸大樹選手。

11.16-18に開催される4年に一度の極真世界大会。その世界一を決める大舞台(200人近いトーナメントの頂点を3日間かけて決める)に、40歳を超えるファイターが何人も出場するという事実。

これらの記事を・・・集中して・・・夢中になって読んだ。

「やっぱスゲ~よ・・・みんな凄すぎるよ・・・」

トップファイターはその「強さ」に比例するだけの「苦難」「挫折」を経験している・・・みなそれを乗り越えて・・・トップファイターになっている。

あたりまえのことだ。

「挫折は上を向く気持ちのバロメータ」

むかし、そんなことを思ったことがあった。

「挫折」は忌み嫌うものではなく、むしろ歓迎してあげなければいけないものなのかもれない。

上を真剣に目指さないかぎり「挫折感」を感じることすらないのかもしれないのだから。

「おまえ、そんなところで躓いているヒマないだろ?」

雑誌に特集されているトップファイター達がそう語ってくれているように感じた。

・・・完全復活・・・もう少しだ。

2007/10/31(水) | 格闘技マニア | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://taekwon.blog86.fc2.com/tb.php/278-35c91bb9
 |  HOME  | 
ページランク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。