スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

私の人生と河合隼雄

今日はテコンドーの話題はお休みです。

テコンダーの皆様には全く退屈なお話だと思いますので、スルーしてもらった方が正解だと思います(笑)。

------------------------------------------
さて、

河合隼雄氏が亡くなられた・・・

河合隼雄氏と言えば「文化庁長官」としての顔が一般的なのだろうか?

ただ、河合氏のもうひとつの顔(そしてそれが本来の顔だと思うが)ユング心理学を日本に広めた第一人者という「顔」が、私にとって意味のある河合隼雄氏の顔だ。
------------------------------------------
大学時代、河合氏の書いたある本に出会った。

「無意識の構造」(中公新書)という新書。これが私にとって「意味のある出会い」となる。本書は「難解」とされる「ユング心理学」がいとも簡単に理解できてしまうという優れた心理学の入門書。

当時、本書を読んだときのインパクトは相当なものであった。

そうえいば某所のレビューに書評を書いたことがあったのでご参考までに引用しておきます。
----------------------------------------------------------------------
ユングを勉強したいと思ったら間違ってもいきなりユングの訳書に走ったりしてはいけない。そんなことをしたらかなりの確率で挫折してしまうだろう。・・・ユング心理学は簡単ではないのだ。

しかし、本書はそんな「難解」とされるユング心理学のエッセンスがいとも簡単に理解できてしまう強力な入門書である。

ユングを「難解」と感じてしまうのは、理論が複雑で理解しにくいといよりは、その理論が我々一般人の常識の枠を逸脱しすぎているため「受け入れ難い」ということに多くの原因がある。・・・しかし、本書はそんなユング心理学をギリギリ我々が受け入れられる「常識のライン」で解説してくれる。その絶妙なスタンスゆえ、安心してお勧めできる入門書なのだ。

入門書とはいえ「コンプレックス」「元型論」「自己実現」「個性化」「シンクロニシティ」等、おなじみのユング心理学のエッセンスはほぼ本書で網羅できている。ユングを深く掘り下げる必要が無いのなら本書を読めばもう充分であろう。

巷でもよく聞く「シンクロニシティ―」というフレーズ。その「意味のある偶然の一致」と説明されるその事象が起こる「真の意味」を理解したあなたは、少なからず「衝撃」を感じることだろう。そして本書を読んだあなたは、きっと「自己実現」「個性化」の旅へ向かいたくなるはずだ。

本書は、そんなエキサイティングな体験をさせてくれるとともに、人生を変えてしまうパワーを持っているかもしれない。



私は自分の心の弱さを自覚するがゆえに、「こころ」についてあれこれ考えることが多い。今でも週に一冊程度の読書を習慣にしているが、その図書の大半は心をテーマにした図書が圧倒的に多い(あと、武道・格闘技・トレーニング系ね:笑)。

「偶然」には意味があるというユング心理学。だからこの本との出会いにも意味があったのだ・・・

様々な場面で起こる「偶然」の意味に気づきさえすれば、人生で向かうべき方向が見えてくるという。その人生で向かうべき方向をユングは「個性化の旅」と呼ぶ

私がテコンドーに没頭するのは実は「強くなりたい」とか「大会に優勝したい」とか(もちろんそれもあるが)ではなくて、「個性化に向かう為」と思うことがある。

そう思えば「この辛いことにも意味がある」と思えるてくるからだ。

どんなに辛くても・・・迷路に迷っても「行くべき方向はこっちだよ」と思えるだけで・・・その壁を超える勇気が出てくる。

そんな「感性」を育ててくれたのが・・・河合隼雄氏であった。

・・・私は間違いなく・・・あなたに救われた一人なのだ。

ありがとうございました。

心より、心より・・・ご冥福をお祈りします。


2007/07/21(土) | 普通の日記 | トラックバック(3) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

草枕

『こんにちは』

テコンドーとは関係ないのですが自分の仕事柄よく河合氏の本は読んでいます。

もう一度本棚から引っ張り出して読んでみようかなと思いました。

2007/08/30(木) 18:40:42 | URL | [ 編集]

taekwon-fighter

『>草枕さん』

お久しぶりです。最近はブログをすっかりさぼっておりますが・・・9月の大会に向け最後の追い込みの最中です(追い込めてるのか!?)。

さて、コメント有難うございます。・・・お仕事、カウンセリング関係なのでしょうか?テコンドー繋がり以外に心理学繋がりもあったとは(笑)

まあ私はただの心理学マニアですが・・・(汗)またそんなこころのお話をするのも面白いかもしれませんね(^^)

2007/08/31(金) 18:49:53 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://taekwon.blog86.fc2.com/tb.php/235-682d8d1a

テコンドーテコンドーとは格闘技、スポーツの一種で、大韓民国|韓国の国技で近代オリンピック|オリンピックの公式種目にもなっている。「?」{足偏に台}は、踏む・跳ぶ・蹴る等の足技、「拳」は突く、叩く、受ける等の手技、「道」は、礼に始まり礼に終わる精神を表してい

2007/07/27(金) 13:03:43 | 格闘技事典

テコンドー 型に関する話題です。

テコンドー 型について10月1日(日)にサンリフレ函館にて、第6回北海道ITFテコンドー選手権が開催されました。 テコンドーは、朝鮮半島から派生した蹴り技主体の打撃系格闘技で、飛び蹴りが豊富。 型と組み手競技があり、組み手は有効打が多い方が勝ちとなります。 ..

2007/08/03(金) 19:46:26 | テコンドー(taekwondo)の情報ブログ

顔が描いた男性の横顔一般に顔(かお)とは、頭部の正面を指す。顔面(がんめん)ともいう。ヒトの顔には表情があり、言葉を介さずにある程度の感情を表現できる。人間の顔は肌が露出しているが、主に成人男性の顔には髭が生える。横から見た顔は、横顔(よこがお)という。

2007/10/01(月) 14:41:34 | 心理学ってすごい?

 |  HOME  | 
ページランク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。