スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

休養の重要性

試合1週間前のコンディション作り。

疲労を抜きつつ、減量も最後の追いこみに入り、スタミナも徐々に回復して行かないといけないとなると・・・非常にシビアな体調管理が必要なのだろう。

大会6日前の今日は、昨日の完全休養でも抜ききれない疲労を抜く為に、練習はお休み。

幾分、身体は楽になったが・・・いかんせん摂取エネルギーが少ない分、慢性的な倦怠感が抜けない。

何人ものチャンピオンを排出した、極真カラテの名伯楽「広重師範」の指導では、試合一週間前は完全休養に当てるということをある本で読んだことがある。

一週間もかけないと疲労が抜けきれない程の「追いこみ」はおそらくできてはいないが・・・「休養」の重要性は認識するべきだと感じるこのごろ。・・・特にここ一週間の疲労感を思えば。

体重も思うように落ちない中、後一週間を切った体調管理・・・まだまだ気が抜けない。

2007/06/26(火) | テコンドー自主トレ | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://taekwon.blog86.fc2.com/tb.php/226-4f6cfb5a
 |  HOME  | 
ページランク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。