スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

トゥルと蹴力

最近は筋肉による「体重増加」を恐れて、高負荷によるウエイトトレーニングはやっていない。特に上半身。・・・ただ、テコンドーの要である「脚」については「筋持久力」を目的にしたサーキットトレは継続中。

MSL.jpeg



・・・見苦しい写真ですね(大汗)。少し前に記事にしたパンツ一丁で「型(トゥル)」を練習したいた時のワンカットです。

「ニウンチャ・ソギ」

という立ち方をした時ですね。

そういえば、先日の昇級審査で、長男Hは審査官のO師範より・・・

「小さくても(長男は年齢の割に背が低く体型もスリム)、重心を下げた立ち方を心がければ強い蹴りを身につけることができる」

と、アドバイスを貰っていた。その「重心の低い」立ち方でもっとも重要なのがこの「「ニウンチャ・ソギ」」だ。

確かに上の写真でも大腿筋がしこたま緊張しているのは明らかですね。

テコンダーなら「筋トレ」よりも「型」で必要な筋肉を身につけるということは当然、意識するべきかもしれませんね。

2007/05/19(土) | テコンドー自主トレ | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://taekwon.blog86.fc2.com/tb.php/203-63d885d0
 |  HOME  | 
ページランク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。