スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

最後の昇級審査

先日、予告したように本日は「最後の昇級審査」の日。・・・「1級(級としては最上級)審査なんだから見本となるような内容でパスしないといけない!」と自分にプレッシャーをかけつつ挑んだ審査だったが・・・やってしまいまいました・・・いろんなミスを!

ミスその1「型(トゥル)」を間違えました(これは最悪)。

ミスその2「名称テスト」1問答えられず。

ミスその3「パワー(試割り)」失敗(ボード割れず)。

最上級受審者はこういう「準備していればおきえないミス」をしてはいけない・・・とつくづく反省。気持ちの弱さ、意識の低さを痛感した。

------------------------------------------------
最後には1級受審者どうしで「組手(マッソギ)」の審査を行った。当然「お手本マッソギ」という意味合いもあったはず。

今回は、かみさんに「ビデオ撮影」をお願いしていたので、このマッソギの映像が残っている。

審査後、審査官を務めていただいたO師範が総評として「マッソギ」の注意点を重点的に話してくださった。

自分の映像を見て・・・「なるほど」と思えた。

特に「連続技がせいぜい2発までしか続かない」という師範の指摘。まさにその通りで、映像を見ていてがっかりしてしまった。今回は「カウンター狙い」の1発勝負を意識していたのが・・・意識しすぎて動きが単調になってしまったようだった。

・・・また、前の試合のように何度もビデオをみて反省することにしよう。

一応、その狙った「カウンター」映像を最後に紹介。

1.トルリョ・チャギ(回し蹴り)の蹴り終わりに対してのトラ・ヨプチャー・チルギ(バックスピンキック)

070512.jpg


2.ヨッチャギ(横蹴り)に対して前足のコロ・チャギ(掛け蹴り)・・・タイミングが遅い

0705122.jpg

2007/05/13(日) | テコンドー道場稽古 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://taekwon.blog86.fc2.com/tb.php/198-a535330a
 |  HOME  | 
ページランク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。