スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

腑に落ちる

子供と一緒に練習している時、

「ぱっ!」

と明るい顔になって私の方を突然見ることがある。

そんな時の会話は決まってこんな感じだ。

「ほら!・・・今分かっただろ?」

「うん!分かった、できた!」


”腑に落ちる””気づき体験”・・・きっと子供がそんな体験をした瞬間である。

練習を真面目に続けているとある瞬間、「スッ!」と技が身体に落ちてくることがある。

「分かった!これだ!」

と思う瞬間だ。

「これだ!」

と思えるということは、子供は子供で「正解の動き」が頭の中にイメージされているということなんだと思う。

「成功イメージ」

というものを持たず「いやいや」「惰性で」といった態度での練習ではなかなかこの「腑に落ちる体験」はできないはずだ。

私は子供が「主体的に」、「前向きに」練習しているというバロメータとしてこの「腑に落ちる体験」って重要かなあ~と思う。

不思議なもので、この「腑に落ちた」技は、例えばマッソギ(組手)などですぐに子供らは使ってくる。

「お!早速使ってやがる!」

という動きは大抵、無理やり覚えた技ではなくて自分で「これだ!」と気づいて染み付いた技なのだ。

イメージトレーニング・・・この重要性は多くの人が周知することであると思うが・・・これの「肝」は実は・・・「主体的な」「前向きな」練習姿勢を発揮させることができるからかなあ~・・・

なんてことを最近感じている・・・。

私ももっともっと惰性にならず・・・イメトレをしないといけないですね。

イメトレ→気づき→ネタ帳記録→さらにイメージ・・・というプラスの連鎖が継続してできていれば・・・練習は順調だってことにもなりますね。

・・・ここ数日・・・ネタ帳への記録がないなあ~・・・

ならば・・・イメトレしないと・・・ね(^^)y。

2007/04/22(日) | 少年テコンドーファイター 息子達 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://taekwon.blog86.fc2.com/tb.php/183-c6282ba5
 |  HOME  | 
ページランク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。