スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

前足突破の壁

昨日の道場稽古。全日本出場予定のメンバーは稽古が終わった後も自主練習に余念がない。

・・・先週から、全日本出場の道場長の練習相手をやらせてもらっている。先週の練習ではブログでも書いた通り私の「肋骨の折れやすさ」を気遣ってのマッソギ(組手)練習となってしまい、中途半端な練習になってしまった。その反省から、この日はさっそく「ボディープロテクター」をしっかり着用してのマッソギ練習となった。

いや~よかったですよ!・・・プロテクターしてて。


プロテクターしてなければ「ゾッ!」としてしまうような踵のクリーンヒットが数回(^^;)。さらに顔にも何発かもらいました。

「なんでこんなにもらうねん!」

と途中何度も「ブルー」になりました(苦笑)

ただ、個人的には、いつも道場長とのマッソギは萎縮して満足に近寄れない「弱さ」に四苦八苦するのだが、さすがにボディーに不安がないといつもよりは普通に対峙できたのがプラス。

そして昨日、私が最も苦労したこと、それは・・・

「道場長の前足の横蹴りを結局突破できなかった」

ということ。

いまさら私が言うまでのないが前足の横蹴りはITFテコンドーでは基本中の基本。

この基本攻撃を満足に攻略できずして前にはすすめないではないかあ!

という感じですね。

あたりまえだが、結局相手をさせてもらっているといっても、多くを学ばせてもらっているのは私の方なのだ。

2007/03/18(日) | テコンドー道場稽古 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://taekwon.blog86.fc2.com/tb.php/159-e4b020c1
 |  HOME  | 
ページランク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。