スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

マッソギ感想

今日の道場稽古にてマッソギをやった。基本的にはまだまだ考えながら動くほど余裕はなく無意識的に動いている。その中で思ったことをいくつか。

1.やはりロングの間合いではパターン化した単発のカウンターで終始している(大抵、左のトラヨブチャ)のでいまいち決まらない。また息が上がるのを恐れてたたみかけるような攻撃を躊躇している弱い自分を発見。

2.間合いがミドルに詰まると(これまたパターン化されているが)パンチからの左上段のトリョチャギ・・・これは今のところ結構決まるが・・・格上相手だとそうはいかないでしょう。まだまだ個人的にこの間合いが落ち着く。しかし間合いがショートになった瞬間、つい昔の癖で胸を叩いてしまったのは・・・よろしくないね。

3.・・・まだまだ2分が長い。

上級者のマッソギ見学で気づいたこと
1.闇雲に攻撃するのではなくしっかりポイントを取るべく「狙ってた」攻撃をしていた。

2.トリョチャギの足を下ろさない連続ジャブ・・・間合いをはずされた瞬間急速反転してのトラヨプチャがバッチリ決まる。ああいった反射的な動きをマスターするべく多くのコンビネーションを身体に染み込ませる必要があると感じる。

2005/08/23(火) | テコンドー道場稽古 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://taekwon.blog86.fc2.com/tb.php/15-139065e1
 |  HOME  | 
ページランク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。