スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

最激戦区

体重の話。

何度も話題にしているように私の体重は平素65kgプラスα。

で、大会では63kg(もしくは64kg)まで絞って出場するのが最近のパターン。

問題がひとつ。

K-1MAXでは70kg級で「人類最激戦区」と銘打っているが、テコンドーはそれより少し軽いこの63kg(64kg)級が最激戦区となる。

誰もがホントは敬遠したいこの階級。おっさんなら尚のこと。

・・・先日の道場長との会話

「○○さんは全日本は、どの種目でも出れればいいの?(道場長)」

「いえ、やっぱマッソギ(組手)で・・・(私)」

「そうですか・・・○○さんはやっぱライト級(64kg)ですよね?(道場長)」

「そうですね・・・そこが辛いところなんですよね(私)」

「う~む、そうだなあ・・・そこ(ライト級)は正直厳しいよね~(道場長)」

「そうなんですよ、おそらくチャンスは多くて2年(2回)ですから・・・場合によっては、その下(57kg以下)目指そうかと思案しているんですが・・・(私)」

「え!?それはムリでしょう(道場長)」(※もともと71kgから落として64kg級になった)

「でも大学時代は53kgだったんですよ、前回の減量でも少し落ちすぎて62kgまでいったし(私)」

「いや、そこからの1kgは落ちないでしょう?筋肉も落としていかないといけないし?それはやめた方がいい・・・ライト級でいくしかないでしょう・・・(道場長)」

まあ、おおよそそんな感じ。常識的に考えて、強豪ひしめく最激戦区に30代後半のおっさんが全日本の切符を手に入れる可能性は低い。しかも年齢を考えればチャンスはおそらく2年(2回)。

たった2年間なんだ無理もしてみろよ!という心の声もある。
2年と言えば・・・私がテコンドーに入門してまもなく2年なのだ。そう思えば「あっ!」という間だ。

うかうかしていられない。焦っても焦りすぎることはないところまで来てしまった。

体重問題・・・やるべきことはそればかりではないが・・・悩ましいところだ。

2007/03/05(月) | めざせ!全日本! | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://taekwon.blog86.fc2.com/tb.php/149-17947920
 |  HOME  | 
ページランク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。