スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

他流試合観戦

今日は、とある少年カラテの大会を長男と一緒に観に行った。

「なぜカラテの大会?」

というのは・・・長男Hの道場仲間であり、ライバルでもあるA君・Rちゃんがこのカラテの大会に出場するため応援に行ったのだ。

----------------------------------------

会場に着くなりその「熱気」に圧倒されましたね~。出場人数のあまりの多さに仰天しました(^^;)。近所の学校単位で見てみればどちらかというと、サッカー、野球、水泳などにくらべれば「マイナー」なイメージのあった武道・格闘技ですが・・・いや~いるもんですね。いまや武道・格闘技はメジャースポーツであることをしみじみ感じました。

大会も面白かったですね。久々の「フルコン・カラテ」を見て懐かしさを感じました・・・「そうそう、これこれ!」って感じで(笑)。

それにしても、少年・少女達の「レベルの高さ」にはびっくりですね。回転が速く、休むことなく攻撃し続ける姿は大人の軽量級の試合を見ているようでした。パンチも蹴りもみな切れがあってすごいですね~いまの子供らは。

戦闘スタイルからそう感じるのかもしれませんが、あのカラテ少年達の決して下がらない「負けん気の強さ」はうちの息子らにとって見習うべきモノを感じましたね。

--------------------------------------------------------

それはそうと、試合の結果。

残念ながら2人とも一回戦で敗退してしまいました。A君はルールになれず顔面殴打の反則負け。試合は優勢だっただけに非常~に残念。心が強いA君はカラテ相手でも一歩引かない強さを見せました。

Rちゃんの対戦相手は大柄な強豪選手。Rチャンはそんな相手の突進を上手くかわしながらヨッチャギ(横蹴り)をバンバン決めていた。・・・しかしボディーをもらい慣れている相手は関係なく前に、前に。

・・・結果印象点で優勢負けかな?テコンドールールなら間違いなく勝ってたんだけどね。これまた残念。
------------------------------------------------------
帰り際、試合を終えたRちゃんが「Hも来年一緒に出ようよ!」と長男を誘ってくれていた。・・・長男Hは「うん」と頼りない返事をしていが・・・私の印象としては長男Hはテコンドーの試合で満足に結果が残せないうちはまだまだ他流ルールはムリでしょう。

しかし、帰り道、長男Hもあの会場の熱気に感化されたのか「滾る(たぎる)思い」があったようで・・・「(カラテを)ぶっ倒したい!」と思ったらしい(笑)。

とりあえず、試合は残念な結果だったが・・・息子への啓蒙活動は大成功で終わった一日だったのだ(笑)。

2007/03/04(日) | 少年テコンドーファイター 息子達 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://taekwon.blog86.fc2.com/tb.php/148-d6a84c23
 |  HOME  | 
ページランク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。