スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

上級者マッソギワールド

肋骨を打ってから今日でちょうど3週間。

動く分には全く問題ないくらいに回復。

今日の道場稽古では、ひさびさに全力で動くことができた。・・・ただ、稽古終了後の「マッソギ(組手)」だけは、まだ若干痛みがあるので今日のところは遠慮した。

全日本も近いということと、上級者が多いという意味で、この「稽古後のマッソギ」はかなりハードに(ほぼガチンコで)ラウンド数をこなしていた。ラウンドごとにちょっとした負傷で一人ぬけ・・・二人抜け・・・最後は一組になっていたりする・・・(^^;)

実際に中に入るとの、端で見ているのでは全く印象は違う。今日のところは冷静に皆の動きを見るのは非常に参考になったし、刺激にもなった。

特に道場長のとてもライト級(64kg以下)とは思えない一発の蹴りの強さ(鋭さ?爆発力?)は刺激的すぎた。心底「おっかね~!!」と思い、ブルーになった。・・・相手の心を折る程の強い蹴りは相手を威圧するという意味でも必要であろうと実感。

また、今日は、ハードなマッソギだったということもあり、プロテクター類は自己責任でつける必要がある者はどんどんつけるように道場長から指示があった。

・・・私も今度参加するときは肋骨骨折回避のため「ボディープロテクター」着用を心に誓ったのである(^^;)・・・早速今日、マイボディープロテクター注文(笑)。

次回は心してこのマッソギに参加しないと・・・いよいよ上級者とのマッソギワールドに突入しそうな悪寒予感を感じたのである。

2007/03/03(土) | テコンドー道場稽古 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://taekwon.blog86.fc2.com/tb.php/147-e31d1aa9
 |  HOME  | 
ページランク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。