スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

大粒の涙

今日は長男Hの泣き顔が頭から離れず、憂鬱な一日だった。

----------------------------------------------

今朝は長男Hをこっぴどく叱りつけた。叱りつけた理由は・・・「仮病」。いや、若干風邪気味だったのはウソではなかったが、学校を休む程ではない。それを「楽がしたい」がためにオーバにアピールしている様が許せなかった。

私の激怒が長男にはよほどショックだったのか、いつものように顔をクシャクシャにして泣くのではなく・・・

硬直して無表情のまま大粒の涙をボロボロとこぼし始めた・・・

「どうなんだ!言ってみろ!・・・黙ってたって解らないだろ!」

そう問いつめた。

・・・Hは、押し黙ったまま・・・急に呼吸が乱れ始めた・・・ついには顔が青ざめ・・・

「息ができない・・・苦しい・・・」

と言い出した。・・・慌てた・・・。

横にさせて深呼吸をさせたら・・・すぐに治まった。どうやら過呼吸をおこしたようなのだ。こんなことははじめてだ。

その後、念のため病院へ行ったが特に身体に異常はなかった。やさしそうな年配の小児科医は「過呼吸」と聞いて・・・

「学校で何かあったのかい?」

とやさしく問いかけた。

私は「ハッ!」とした。「過呼吸=ストレスが原因」ということなのだろう。

私には全く欠けていた視点であった。

「なぜ仮病をつかって休もうと思ったのか?」

学校で何かストレスがあったのかもしれない。「頭が痛い」と訴えた時、学校のストレスが原因という可能性はなかったのか?

もし、あったとしたなら私はHをさらなる過大なストレスで追い込んだことになる。

私に何も言い返せず・・・耐えることしかできなかったH。

自分の意見を相手に伝えるのが下手なH。それを誰よりも解ってあげなければ行けない私が・・・そこを厳しく追及してしまった。

追い込まれたHは「過呼吸」という形で・・・「身体」で訴えるしかなかった。そこまで私は彼を追い込んでしまった。

自分の愚かさ加減に心底うんざりした。

------------------------------


私は後ろ髪引かれる思いだったが仕事に行かねばならず・・・フォローは妻に任せた。




------------------------------
今日はA道場の稽古日だ。しかし私の仕事の帰りが遅れたことで行けなくなってしまった。子供らは・・・学校を休んだHも・・・道場に行く気で私の帰りを待っていた。

--------------------------------

「よし!道場は間に合わないけど、家でやるか!」

今朝のことが気になっていた私はことさら明るくそう提案した。

長男Hは、今朝のことが全くなかったかのように率先して、弟らのケツを叩きながら道着に着替え始めた。

なるべく道場稽古のメニュー通り、しっかりと稽古をした。

Hはやはり私に対する罪悪感があったのだろうか?いつも以上に一生懸命練習している。基本の突きに、いつにない「気迫」がこもっていた。

お世辞ではなく・・・

「今日は、いいじゃなか!」

とHを褒めてやった。いつもは基本稽古くらいでは汗もかかないHが、汗をふきながら嬉しそうに笑った。

時に弟達を指導して、時に叱りつけ・・・いつものように元気なHが戻ってきた。

「今日は、調子がいい」

彼はそう言った。

ミット蹴りでは「好きな蹴りでいいぞ」

といったら得意の飛び蹴りを連発していた。

・・・ってお前、調子悪くて学校やすんだんじゃなかったのか?・・・と突っ込みたくもなったが・・・さすがの私もそんな野暮は言わない(笑)

稽古が終わって・・・・寝る支度を済ませたHは鼻歌まじりに自分の寝室に入っていった。

H以上に鼻歌を歌いたかったのはもちろん私の方であった。

--------------------------------------------
不器用で、自分を上手く表現できない、口べたな長男H。きっと自分にストレスがかかっていることすら上手く理解できない性格なはずだ。

実は私も子供の頃そうだった。そうなってほしくなかったが、Hは私の欠点を受け継いでしまったのだ。

自分の弱さを見るようできっとよけいに感情的になってしまったのだろう・・・私の弱さ故に。

私が理解してあげないでどうする?

今日は、何度も何度もこのことを噛み締めた。

そしてこれからも、このことを決して忘れては行けない。

・・・彼が強く逞しく成長するまでは・・・。

2007/02/20(火) | 少年テコンドーファイター 息子達 | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

ガネーシャ

『』

実はあたしもそうだった

けどあたしの場合理解者も居場所もなくて(T▽T)

息子ちゃんが元気でてきたみたいでなによりだね♪
子供たちが安心できる居場所を作るのが親だよね
あたしも忘れないでおこうっと

2007/02/21(水) 09:24:53 | URL | [ 編集]

taekwon-fighter

『>ガネーシャさん』

厳しいのか?甘いのか?何が「正」なのか?ということに毎度悩まされるばかりです。・・・しかし少なくとももっと子供達の「気持ち」に敏感になるべきだと痛感しました(一方的なこちらからの主張だけでなく)・・・まあ難しいですね(^^;)

2007/02/21(水) 23:27:54 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://taekwon.blog86.fc2.com/tb.php/138-a94336c3
 |  HOME  | 
ページランク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。