スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

口内炎とチョコレート

口内炎がひどくてしんどい一日だった。

・・・むかし、誰だったかは忘れたが、

「そんなに悪口ばっかり言ってると、口内炎ができちゃうよ!」

なんてことを言われたことがあった。

別にこんな根も葉もない「おはなし」を信じている訳ではないが、以来なんとなく口内炎ができると「はて、誰かの悪口言ったっけなあ~」なんて想像をぼんやりするクセがついてしまった(笑)

・・・そんな訳で今日は、

「そう言えば、昨日は息子らをしこまた説教したなあ~」

なんてことに思いをめぐらせていた。悪口ではないが、かなりこっぴどく懲らしめたので若干後味が悪かった。あまりにいたずらが過ぎるので、ちょいと言いすぎたのだ(汗)。だからって口内炎ができるはずもないのだが・・・なんとなくこの「後味」と「口内炎」がイメージ的に結びついたりした。


今日の夕飯は腹が減っているにも関わらず、何を口に入れても「激痛」が走るので・・・とうとう半分食べたところで断念した。

-------------------------------------
食器を下げにキッチンまでいくと、

「お父さんへ」

と書いたチョコレートが置いてあった。そうえいば、今日はバレンタインデーだ。

うちは娘がいないので息子からチョコレートをもらうのはおかしなはなしだが、息子的には

「どうせお父さんは一個もバレンタインのチョコもらえないだろうから、僕たちがもらったものをお裾分けして上げる」

ということらしい(失礼な!笑)。

それでも、息子らの「心遣い」を思い、昨日の説教を「いいすぎたなあ~」と反省しつつ、息子からお裾分けしてもらったチョコを「ホイ」と口に入れた。

息子達がくれたチョコは暖房が効いた部屋に長時間おかれていたのか、柔らかくなっており、口のなかで「サッ」と溶けた。何を食べても痛かった口内炎は、息子らの「心遣い」だけには反応しなかった。奇跡的に全く痛みを感じないでチョコレートは喉までたどり着いてしまった。

「わかったよ、昨日は俺が言い過ぎだったってことでしょ?」

今日は、そう思わざるを得なかった・・・

2007/02/14(水) | 普通の日記 | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

ガネーシャ

『』

やさしいねー♪ 
でももうチョコゲットしてんだ(笑

最近は義理チョコならぬ「友チョコ」ってのが子供の中ではやってるそうで女の子はせっせといっぱい作ってたよ
男・女関係なくお友達にあげるチョコだそうな・・・

2007/02/18(日) 13:21:31 | URL | [ 編集]

taekwon-fighter

『>ガネーシャさん』

我々の世代ではなかった文化があるんですね(笑)。子供らのチョコは本命なのか?義理なのか?分かりませんね~・・・自己申告で色々言ってましたけど(笑)

2007/02/18(日) 22:26:34 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://taekwon.blog86.fc2.com/tb.php/132-a55fd31a
 |  HOME  | 
ページランク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。