スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

マッソギはライトに

今日の道場稽古。

2パターンのマッソギ(組手)稽古があった。

一つは稽古時間中に行った2分×2ラウンド。もう一つは稽古が終わった後「自主練習」で行ったライトな研究的な意味合いのマッソギ。

つくづく思ったことがある。

「マッソギはライトにやるべきだ」

稽古中にやったマッソギ、特に2ラウンド目は、全日本出場を控えた黒帯の先輩。私の方がウエイトはかなり重いとは言え、当然、おっさんの私としては気持ちに余裕がなくなってしまう。結果、かなり「ガチンコ」なマッソギになってしまった。

顔面、脇腹に何度かクリーンヒットをもらった。しかし、そんなことより、この2分間の「何がよくて」「何が悪かったのか」という考察が全くできない。はずかしい話だが、あっという間に2分が経ってしまい、内容をあまり覚えていないのだ。必死になりすぎて、考えて戦う余裕がなかった。必死に戦って、負傷して・・・何も覚えていないのでは意味がないではないか。

その後の、自主練習では、とにかく「ライト」に試したいことをいろいろ試す、というスタンスを貫いたマッソギを行った。・・・力をセーブしている分、「押し込まれる場面」も多くあったが(練習相手もヘビー級なので特に:笑)、いろいろな発見があった。

私のマッソギで一番「気をつけなければ」と思うのが、マッソギを無意識的に「単なる力試し」といったスタンスでしてしまうこと。練習中のマッソギで「あたった」「もらった」ということで一喜一憂してもしょうがない。もっと頭を使ってもっともっと多くのことを学ばなければいけない。

今日は、その「ガチンコ」マッソギで受けた「肋骨の負傷」の痛みを感じながら大いに自分の愚かさを噛み締めてないといけない。

2007/02/10(土) | テコンドー道場稽古 | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

ロケット

『』

おはようございます。
僕も乱取りではつい力が入りすぎてしまいます。練習なんだからやられてもいいのに一発もらうとついムキになってしまいます。

2007/02/12(月) 07:06:17 | URL | [ 編集]

taekwon-fighter

『>ロケットさん』

そうそう・・・特に後輩とかに一発もらおうもんなら「とりあえず取り返す」みたいな大人げない対応って誰でもしちゃいますよね(笑)。

2007/02/12(月) 10:55:02 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://taekwon.blog86.fc2.com/tb.php/129-f6515110
 |  HOME  | 
ページランク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。