スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

たかがヒーロー、されどヒーロー

長男があまりに「ケンシロウ」のマネをしたがるので「マネするならもう少しリアルな動きを」ということを期待して、ブルース・リーの「ドラゴンへの道」のDVDを借りて来た。

そもそも「ケンシロウ」のモデルが「「ブルース・リー」であるからこの選択は我ながらナイス!なのである。

しかもテコンドー一家の我が家にとってはもっと好都合なことがある。

・・・それは、

「ブルース・リーの蹴りはテコンドーである」

という説があるからだ。

ただ、この説に関して、結構ブルース・リーマニアの私ですら実際にブルース・リーがいつ、どこの誰にテコンドーを習っていたのか?という話はあまり聞いたことがない。

おそらく、映画で見られるリーの蹴りそのものを見て「技術的に」「あれはテコンドーの蹴りだ」と感じる人が多いのだと思う。

であるならば、ブルース・リーマニアの私がここで

「ブルース・リーの蹴りはテコンドーである」

という持論を展開してみようではないかあ!
(あくまで私個人の持論ですから・・・あまり深く突っ込まないでくださいね・・・いきなり弱気^^;)

----------------------------------------------------------------------

さて、私が知る限り、ブルース・リーが学んだ主たる武術は、「詠春拳」と呼ばれる中国拳法。この「詠春拳」というのは接近戦の「手技」中心で、少なくともリーが映画で見せるような蹴りは存在しない(らしい)。「燃えよドラゴン」の「オハラ」との対戦で、手を合わせた状態から「バーン!」と裏拳で一気に吹っ飛ばす場面、あれが「詠春拳」の技であると本で読んだ記憶がある。

・・・じゃあ、あの蹴りは何なのさあ?

という疑問を持つことから、この話はスタートする。

「あれは空手だ、いやムエタイだ、いやテコンドーだ・・・」

と諸説あるようだが、上述したように私が支持するのは

「あれはテコンドーに決まってるべ~!」

である。

まずリーの構えを見てみよう。時期(作品)にもよるが、あの広いスタンスで、しかも完全に横を向いた構え。

・・・なぜか?

これはリーの主たる攻撃が「横蹴り」を中心とた「前足」に集中しているから。

この”「横蹴り」を中心とた「前足」の攻撃”というのはまさにテコンドーの最大の特徴。そしてやはりテコンダーの多くはスタンスは広めにとり、しかも横を向く(もちろん人による)。

機会があったら注意して見て欲しいのだが、リーの劇中の攻撃はは横蹴りに限らず、回蹴りも全て「前足」で放たれる。これって結構意外でしょう?

リーが後足(リア)を使って「回蹴り」をする時はいわゆる「半月蹴り」とか「外回し蹴り」(テコンドーでいうバンダル・チャギ)を使う。その証拠に私の手元にある「リーが実演している」ジークンドーの技術書(もしかして結構レアもの?)でも、本来空手、キックでメインであろう後足で蹴る回蹴りの説明が一切ないのだ!

ついでに、劇中、リーが蹴り足を「蹴った姿勢で止める」という場面が多くあることを覚えているであろうか?おそらくリーの蹴り技の凄さを演出するためのシーンだと思うが・・・これは我々テコンダーが日常行う「スローキック」と呼ばれる鍛錬法と酷似しているのだ!!・・・。

なんだか、そんな気になってきました?

そろそろネタ切れなんですけどね(笑)

「でもさ~、テコンドーといったらネリョ・チャギ(かかと落とし)だよね?・・・ブルース・リーがネリヨ・チャギする場面ってみたことないけど・・・」

「むむ・・確かに!・・・」






・・・と、言う具合に突っ込みどころはこれ以外にも満載だとは思うが、私もそんなに深く考えて語ってはいないので(逃げ)、これ以上の深追いはしないでおきましょう(汗)

ようは、子供がもっともっとテコンドー的な動きに興味を持つきっかけになればそれで十分かなあ~と(笑)。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
でも、子供のうちは劇画のヒーローでも、映画のヒーローでも彼らのモチベーションとなるような「キッカケ」は大事かもしれませんね・・・。

あの「桜庭」だってきっかけはタイガーマスクというのは有名な話だし(CMでやってましたもんね)、また多くの空手家が「空手バカ一代」に憧れてという話もよく聞く話だ。そういう私も「ジャッキー・チェーン」がこの世界に入ったキッカケだしね。




たかがヒーロー、されどヒーロー

ということで・・・今日のところは・・・終劇。




2007/01/23(火) | 格闘技マニア | トラックバック(0) | コメント(7)

«  |  HOME  |  »

振藩

『』

はじめまして、突然おじゃまします。
ワタシはジークンドーのインストラクターをやっている者です。
ブルース・リー師祖はアメリカにテコンドーを広めたジューン・リー氏と交流してテコンドーの蹴りを学んでいます。
しかし、ブルース・リー師祖の蹴り技の半分は、フランスのサバットから来ております。
失礼致しました。

2007/01/24(水) 06:46:42 | URL | [ 編集]

taekwon-fighter

『』

はじめまして。・・・ご指摘有難うございます。インストラクターからのご指摘がただけるとは思っても見ませんでした(驚)
。インストラクターの方からすれば勝手極まりない持論ですね。失礼致しました(大汗)。

ブルース・リーは私も大好きなので、また話題にすることもあるかと思いますが・・・何かお気づきことなどございましたら遠慮なくお願い致します(^^)

2007/01/24(水) 09:25:45 | URL | [ 編集]

ロケット

『』

こんばんわ。
ヒーローって大事ですね。
僕の長男はウルトラマンレオにあこがれてます。レオは宇宙拳法の達人なのだ!

2007/01/24(水) 20:13:45 | URL | [ 編集]

しで坊

『』

ノラ・ミャオってまだ生きてるのかなあ?としたら歳いくつなんだろう?

2007/01/24(水) 22:41:23 | URL | [ 編集]

taekwon-fighter

『』

>ロケットさん
レオとは渋いっすね~・・・レオって我々の世代じゃあないっすか~(笑)レオの連続バック転とか何気にアクションよっかった記憶が!?(^^)

>しで坊さん
そう言えばしで坊はノラ・ミャオ好きでだったよね?・・・ちょいと検索してみたら1952年生まれだって。
香港の吉永小百合的存在らしいね(^^)

2007/01/24(水) 23:23:37 | URL | [ 編集]

ロケット

『』

今やっているウルトラマンメビウスにレオが登場して、それからレオのファンになったみたいです。次男が生まれたので、「○○君はレオだから○○ちゃんはアストラだよ~」といって僕も調子に乗って洗脳しています。

2007/01/25(木) 00:01:38 | URL | [ 編集]

taekwon-fighter

『>ロケットさん』

なるほど、我々が見ていた「レオ」とは違うのですね(^^;)。うちの子は年齢的にウルトラマン、レンジャーもの、仮面ライダーは卒業してしまっていたのでわかりませんでした・・・なんかちょっとさびしいなあ~ちょっと前なら結構詳しかったのに(笑)

2007/01/25(木) 00:23:38 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://taekwon.blog86.fc2.com/tb.php/110-ebf040e5
 |  HOME  | 
ページランク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。