スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

正午を過ぎた頃に・・・

今日はのんびり市内散策。

「ある有名な神社」に行ってきました。

目的は「厄払い」です(前厄ですから)。


-------------------------------

つい先日、正午を少し過ぎた頃。

コンビニの駐車場で昼食中、緊急の電話が入った。

仕事上のちょっとした事件が起こったのだ。


この正午の事件をきっかけに夜も眠れぬ日が3日間続いた。

新しい職場で、じっくりと環境に慣れて・・・などという暇は全くなく、この時の事故も含め、後から後から大きな津波に飲み込まれそうになるのを必死に堪える毎日。


最近、本を読む暇もなかなかないが、久々に本を引っ張り出した。

大好きな「ユング心理学」の本。

心理学者ユングは40歳前後からはじまる中年期を

「人生の午後」

とよんだ。

この「人生の午後」では、身体的な変化、価値観の変化が起こり、精神的に危機的な事態に陥るという(「中年期の危機」というらしい)


一月で40歳になり正午を折り返した私。

どうやら「人生の午後」という荒波に突入したのだろう。

そう。

きっとあののんびりとコンビニで昼食取りながら向かえた正午から・・・


-----------------------------------------------
という訳で・・・

この人生の午後の危機に飲み込まれないように・・・

「まずは厄払い!」

ということなんです(笑)

厄年を、ユング心理学でいうこの「中年期の危機」だ、解釈することは多いですね。


・・・とにかく

「この荒波に立ち向かうぞ!」

という決意のために、今日の厄払いはよいきっかけとなりました(^^)
スポンサーサイト

2009/04/29(水) | 普通の日記 | トラックバック(0) | コメント(0)

あ!っという間の2週間

昨日、ちょっと触れたように、

辛い辛いスタートとなってしまった新天地での出来事をザッ!書いておきます。

実は・・・

3/31に、発熱してしまったんです。

4/1は新天地での初出社です。


むろんこの日は休めません。


38度の熱が下がらないまま出社しました。

熱を押しての仕事です。

右も左も分からない土地でのストレスを身体全身に浴びての仕事。


疲労困憊です。

案の定、益々体調悪化。

4/3・・・ついに体温が39度に。


・・・ここでようやく医者に行ったら

「インフルエンザだよ!」

と言われてしまった(^^;)

ということは、生物兵器状態で、3日間仕事してしまったとうことです。

私の周りにいた人・・・ゴメンナサイ。


4/4~4/5・・・の土日。

39度の高熱は続き・・・身体中の関節が痛くて・・・辛くて、辛くて寝れないけど、布団から抜けられず過ごした2日間。

赴任して間もないこのタイミング、まだまだ仕事が休めない状態です。

「なんとかこの2日で直さないと!」

というプレッシャー。

「早く直ってくれ!」

と祈るように布団で耐えた2日間。

4/6の朝・・・ようやく熱が下がりました。

病み上がりを推して、激務に激務を重ねて・・・気付いたら2週間が経っていました。


今、新天地に来てはじめて「一息」が付けた気がします。

これから、ゆっくり、ゆっくり人並みな生活を取り戻したいと思っています・・・

2009/04/19(日) | 普通の日記 | トラックバック(0) | コメント(4)

新たな試練から新章へ

関係者の方には概ねオープンとなったので、こちらでもご報告しておきます。

実は、仕事の都合で来月「転勤」となります。

まあ、ネット上でのお付き合いでは私がどこに住んでるとか、大きな問題ではないと思いますが、現実の世界ではなかなか大変です。

テコンドー的にも、今までお世話になった道場長はじめ、一緒に切磋琢磨してきた仲間とはいままでのように練習することは出来なくなります。

さらに困ったことに、私が転勤する先に私が所属するITFテコンドーの道場がないんです。


環境が変るとモチベーションを維持することが困難になることは、過去の苦い経験からよくよく分っています。

・・・そもそも、このブログのスタート時も、そんな中途挫折という「過去の失敗」を払拭することを大目標にしていた訳です。



正念場ですね。



続けますよ・・・もちろん。

まずは、練習できる場所を探して、子供達だけでスタートですね。


そんな訳で,4月からは急遽新たな土地での「新章」がスタートすることになります。

バタバタして更新もままなりませんが今後ともよろしくお願いします。

2009/03/16(月) | 普通の日記 | トラックバック(0) | コメント(2)

歯科恐怖症

スパーリング用の「スポーツマウスピース」を歯医者で作った時、

「虫歯も全部治しましょう」

と提案された。

この時、次回の「予約」をとって帰ったのだが・・・

結局その予約をすっぽかして早2年。


歯医者に「通い詰」だった子供時代。

自然と抜けた乳歯はほとんどなく、重度の虫歯ゆえに歯医者でほとんど麻酔をかけて抜いた。

あの口の前にかざされた注射器を眺める光景は・・・トラウマになっています。

また、神経を抜くほどの虫歯でも、昔は麻酔を使わずに削りまくりましたよね。

あの「キーン」と脳天を劈く歯を削る音・・・こいつもトラウマです。


あから・・・未だに歯医者は大の苦手。

まあ大抵の人は苦手だと思うけど・・・私の場合はちょっと重症かな。


数ヶ月前のスパーリング中にもらった「パンチ」で前歯がぐらついてしまった。

これは以前に入れた差し歯だけどね。

ずっとほっといたのだが・・・

そろそろ本格的にぐらつきが激しくなり・・・ようやく今日、重い腰を上げ歯医者に行ってきました。


途中挫折常連の私は、歯科助手のおね~さんにも目をつけられている。

またまた、この前歯さえ治れば、こなくなることをすっかり見越されて・・・


「今度こそ、ちゃんと虫歯治しましょうね・・・ちゃんと予約して帰ってくださいね!」


子供に対するような厳重注意を受けて帰ってきました。


とりあえずは「次回予約」をすっぽかさないことだな。

無理をせず・・・少しづつ頑張ります。

まあ、普通はそんなに無理なことではないんだけどね・・・

こればっかりは・・・どうも・・・ね。

2009/02/27(金) | 普通の日記 | トラックバック(0) | コメント(0)

変化となれ!

相手の悪口が、後から後から・・・悶々と心の中で反芻されることがある。

今日のように・・・


危険信号ですね。


こんな時、

「悪いのはあいつだ」

「俺は悪くないのだ」

という必死の主張が隠れている。


自分で「悪い」「弱い」を認めることから必死に逃げているのだ。

非を認めてしまうと自分の信念、プライドが崩壊するほどのダメージがあるケースだ。


でもやはり

「それを必死に守る」

よりも

「でも自分に非がある」

といえるほうが・・・強い人間なのだ。


相手が悪い場合、その中心は「相手=自分以外」になってしまう。

でも

自分が悪ければ、その中心はもちろん「自分」になる。


前者では・・・相手が変らなければ、状況は変らない。

後者なら・・・自分が変れば・・・状況が変る可能性があるのだ。


「世界を変えたいのなら、まずは自分がその変化となれ(マハトマ・ガンジー)」

もう一度・・・かみしめないと

2009/02/17(火) | 普通の日記 | トラックバック(0) | コメント(0)

スタミナ集中!!/少年メリケンサック

今日のAMの強化練習では「途中で足が上がらなくなる」というスタミナ不足を痛感。

これは「体重が増えたから」という理由よりもなによりも「練習不足」以外のなにものでもなし。

「自分が個人戦でないから」

という理由で、いきなりモチベーションがトーンダウンしている自分。

「やっぱ、俺も相当に弱い人間だよなあ~」

とつくづく思う。


後、一ヶ月ちょっと。

スタミナ強化に集中。

これがなければ、出る資格なしだもんね。

-------------------
さて、

午後は・・・疲れきった足を引きづりながら「宮崎あおい」主演の「少年メリケンサック」を見てきました。

まあ、せっかくなんで感想文を・・・(興味ない人はスルーして:笑)


劇場は90%が若いカップル(なんでやねん?)。

・・・かみさん誘っといてギリギリセーフでしたよ(^^;)


・・・内容ですが。

宮藤官九郎作品。初見ですが、面白いですね~。

結構笑いました。

特にかみさんは「ツボ」がドンピシャリだったようで・・・

上映中で発した笑い声は一位、二位を争っていたかも!?

もうおばはん丸出しの笑いで・・・私は、その横で失笑。

「篤姫」をイメージすると、今回の宮崎あおいさんの役どころは「どうしちゃったの?」というほどのはじけぶりですが・・・個人的には、むしろこういった「マンガチック」なキャラを演じるのは宮崎あおいさんの真骨頂なんだと思います。

「NANA」しかり「ただ、君を愛してる」しかり。

・・・まったく想定の範囲内(←死語?)。

むしろ得意ジャンルでしょう。

・・・な、訳だからしっかり役にはまっていましたよ。

・・・違和感なし。

充分あおいさんの魅力は堪能できるからファンは安心してみるべしですね。

2009/02/15(日) | 普通の日記 | トラックバック(0) | コメント(0)

あなたが少年であったなら

確かNIKEのCMで見た、

「あきらめない人にとって失敗は発見である」(うろ覚えです;汗)

というセリフに感動して、その映像をYouTubeで探していのですが・・・

ついに見つかりませんでした。


それはそうと・・・

そのYouTubeを探索中に、ちょっと感動したCMがありましたのでご紹介してみます。



最後の「if you were a boy,(あなたが少年であったなら)」で鳥肌が立ちましたよ。


あの「無茶な走り」をしていた「もう1人の自分」は・・・実は、「忘れてしまっていた自分の少年らしさ」だったのでしょうか?


最後はそれと一体となって・・・また走り出しましたね。

彼はこの先、どうなっていくのか?

その余韻を感じつつ終わっていくエンディング・・・脱帽です。

2009/01/11(日) | 普通の日記 | トラックバック(0) | コメント(0)

素敵な女優2人に出会う旅

新年は、スパリゾート「ハワイアンズ」で迎えたことは、年末の記事に書いた通りです。

近年、蒼井優が主演した映画「フラガール」でも脚光を浴びたリゾートでもありますね。
やはり、その映画のパネルがいたるところに貼ってありました。
私もTVでこの映画は見た記憶がありましたが・・・確かにあの映画での蒼井優の舞は素敵でしたね。
あの映画は「へ~この娘踊れるんだあ~」と、ちょっとしたサプライズでしたよね(笑)



元旦はその足で「あぶくま洞」に行きました。

あぶくま洞に行くと、今度は「NTTdockomo東北CM」の撮影で「宮崎あおい」が来たとの記事が売店にありました。・・・そういえば昔シリーズ化して印象的なCMがありましたね。

早速YouTubeで探してみました。あいにく「あぶくま」で撮影されたシリーズは見つかりませんでしたがいくつくかの素敵なCMはアップされていました。「篤姫」で大ブレイクした宮崎あおいのかつての映像はどれもこれも光っています。

2009/01/03(土) | 普通の日記 | トラックバック(0) | コメント(2)

ハワイアンズ

PAP_01378.jpg

ここ数年の年越は、家族での温泉旅行ということになっています。


…今年は、スパリゾート「ハワイアンズ」に来ています。

携帯から投稿します。


…驚くほどに混んでます(**)


数年前まで「年越は自宅でゆっくり」という常識しかなかった私には、いまだに、この年越の光景は異様に感じますね。


この後は、Dynamite!を見ながらゆったりとくつろいで過ごすことにします.


では、皆様…よいお年を~

2008/12/31(水) | 普通の日記 | トラックバック(0) | コメント(0)

剣客たるものは・・・・

20081218.jpg


最近、「時代小説」をよく読んでいるという話題を少し前に書いた。

「なるべく色々な作家を」

と決めていたのに・・・あるところから1人の作家の作品を集中して読む羽目になった。


・・・・ようは、その作家に途中から「ハマってしまった」のである。


ファンにしてみれば


「何を今更」

ということになろうと思うが・・・


今更にして・・・池波正太郎の「剣客商売」にハマってしまった。



今日、シリーズ16巻目にあたる「浮沈」を読み終えた。

シリーズ最終巻である本書。

つまりこれで、シリーズを全て読み終えてしまったということなのだ。



シリーズは「作者(池波先生)の死」によって、突如終わってしまった。

つまり「本書」でも明確な形で「終わり」とはなっていない。

なのに、なにやら「それを予期していたかのような」物悲しさが最終巻には漂っている。



「剣客たるものは・・・」

物語中、よくこの言葉を目にする。

剣で生きていく者は、剣の腕だけでなく「生きること、そのもの」においても一流たらねばならないという主人公「秋山小兵衛」の哲学だ。


きっとその時代は、剣の道を志すということは、主人公「秋山小兵衛」に限らず・・・


そういうことだったのだろう。



「武道家たるものは・・・」


こんな言葉が・・・今の時代語られることがあるのだろうか?


テコンドーはむろん「武道」である。


「何を以って武道とするか?」

良く議論される話題ではある。


私にも、当然「捨て置けない」議論である。



・・・時代は全く違う。



小説の中にある「その時代」の考え方を短絡的にオウム返しにするという意味でもちろんない。


しかし、そのヒントは・・・やはり、「その時代」に多く隠されている気がする。




人生観を変えるほどの書物に会うことはそう多くは無い。

物語を楽しみしながらも・・・

自分の中の「人生観」は結構揺さぶられていたようにも思う。


今も、心地よい「余韻」が残っている。

何か「違った自分」が芽生えているような・・・妙な気分もする。


有意義な時間を堪能することが出来た。



池波先生・・・有難うございました。

2008/12/18(木) | 普通の日記 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  |  »
ページランク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。