スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

減量を思う

もともと「食べることが大好き」というキャラを持つビーグル。

だから、巷で見かけるビーグルはまるまる太ってしまいることが多い。

あるとき、いきなり血尿。膀胱結石による膀胱炎が慢性化してしまった・・・私でなく愛犬の「るびぃ」の話。

それからは、尿がアルカリ性に傾くといけないらしく・・・PH(ペーハー)コントロールされたドッグフードしか食べれなくなってしまった。ヘタをするとこのまま生涯この食事限定となってしまう。

PHコントロールされたドッグフードはまずいらしい。犬によってはそのまずさゆえに全く食べなくなることもあると聞く。


それでも、食事の量も多く出来ないるびぃは・・・腹が減っているのだろう・・・毎回、ほんとに美味しそうに食べている。

減量の苦しさを知る私としては・・・なんか不憫に思えてしょうがなない。もともと「食べるの大好き!」なビーグル犬なだけに。

いまの「るびぃ」の身体はビーグルらしからぬ、まるでドーベルマンのように引き締まり、アスリートのよう。

「俺もそろそろ食えなくなるよ・・・お互いこの辛さ・・・耐えような」

そんな、私の声に反応して振り返った「るびぃ」の顔は・・・


・・・無邪気に「?」マークを出していた。

071212_144125001.jpg


「こんなこと・・・無理して耐えることかい?」

そういわれてしまった気がした。

確かに彼らは与えられた環境を受け入れるしかなく・・・人間が餌をあげなければそれが彼らのあたりまえの世界になってしまう・・・きっとそこに悲壮感はないのだろう。無理して耐えるという概念そのものがない。

辛いと思うから辛い。

・・・確かに減量は辛いのだが・・・その辛さのいくらかは・・・そんな精神的なもの(つらいという思い込み)に支配されているのかもしれない。

るびぃの無邪気な顔を見ていたら・・・ふとそんな気がした。
スポンサーサイト

2007/12/21(金) | 愛犬 るびぃ(ビーグル犬) | トラックバック(0) | コメント(0)

狩猟犬の脚力

MA320008_1.jpg


すっかり精悍な顔つきになってきた愛犬「るびぃ」(♀だけど)。

今日、子供ら3人連れて、近所の某川河川敷で、散歩&ダッシュのトレーニング。

・・・生まれてまだ6ヶ月の子犬に・・・もう誰も追いつけません。

MA320014_1.jpg



子供はおろか・・・私まで(^^;)

壮年テコンダーが日々のトレーニングで培った(?)脚力を、生まれて6ヶ月ほとんど家で寝ていた仔犬に、笑いながら超えられてしまいました(泣)

人間でもダッシュ系の「速筋」の割合は生まれつき決まっているというけど・・・

狩猟犬であるビーグルの脚力・・・・そういうことですね。

2007/11/18(日) | 愛犬 るびぃ(ビーグル犬) | トラックバック(0) | コメント(0)

老犬の瞳

ruvi.jpg


ようやく「散歩」ができるようなになった愛犬「るびぃ♀」。

こちらがリードで懸命に引っ張ろうと、それに対抗して、力づくで・・・地面を這うように、行きたい所へ行きまくる。

その様は・・・

「おまえはトカゲか!!」

という感じ。

まだまだ子供の生後5ヶ月のビーグル犬。

ただそのパワーたるや・・・子供らでは全く太刀打ち出来ず。

それよりもなによりも・・・まったく人間(主人)の言う事を聴こうとしないバカっぷりに

家族全員で・・・閉口。

必死に「しつけ」を担当していたかみさんも、裏切れたという気持ちが強いらしく・・・

今日も「るびぃ」に辛くあたる(苦笑)

------------------------------------------------------

昨日、あるイベント会場で、別の犬を散歩する機会にめぐまれた。

その犬は・・・ドーベルマンの成犬(たぶん老犬)。

ドーベルマンといえば、アスリートを彷彿させる強靭な筋力に包まれた大型犬。

うちのチビ犬ですら引きずられてしまう子供らだ、

とても、この大型犬を散歩できるはずがない・・・と思っていた。

が・・・その予想は・・・驚きとともに・・・裏切れた。

「顔は前を向いたまま(むやみに下を向かない)」
「リードを引っ張らない」
「人間の歩調と合わせて歩く」
「他の犬が威嚇して近寄ろうと・・・全く動じない(無視)」
「人間(主人)が走ると・・・その速度に合わせて走る・・・が、決して人間の前に出ない」
E.T.C.・・・

「こんなに犬の散歩って楽だったの?」

あらためて・・・訓練された優秀な犬の凄さに・・・ビックリ。

我々家族が、この犬の周りで「チヤホヤ」して騒ごうが・・・

彼は悟ったような瞳で遠くを見たまま・・・微動だにしない。

20071009002057.jpg


きっと厳しい訓練に耐えて来たに違いない。

彼はいろんなものを我慢して・・・ここまでの領域にたどり着いたに違いない。

「おまえ・・・偉いな」

心底思った。

彼の今の境遇が・・・彼にとって幸せかどうか?なんて・・・もちろん分からない。

ただ、「忠犬中の忠犬」として知られるドーベルマン。私の知らない、彼の主人との関係はきっと素晴らしいものに違いない。きっと幸せなんだろう。

「俺もお前のようにがんばるよ」

私はありったけの愛情で、彼の頭を撫でたが・・・その遠くを見つめる深遠な瞳は、

・・・そんな、私の気まぐれな愛情には眼もくれず・・・



・・・変わらず遠くを見つづけていた。

2007/10/08(月) | 愛犬 るびぃ(ビーグル犬) | トラックバック(0) | コメント(2)

ロードワークのパートナー候補!?

DSCF0119.jpg


まだまだ四ヶ月の子供。

非常に健脚であるという「ビーグル」。

四ヶ月にして、既にその片鱗がうかがえる激しさ。

世話の大半を行うかみさんは、その激しさに閉口気味で、毎日がヒステリー状態(笑)

もう家の中では「走りの欲求」を満足できないようだ。

昔、ブルースリーが愛犬と一緒に走っている写真を見たことがある。

そんな写真を思い出しつつ・・・はやくこいつと「ロードワーク」をしたいもんだと思うこのごろ(^^)

2007/09/25(火) | 愛犬 るびぃ(ビーグル犬) | トラックバック(0) | コメント(2)

待望の娘

070722_203433.jpg


・・・というオチです(笑)

縁あって、あるブリーダーの方からビーグル犬のメスを譲り受けました。

名前を「ルビー」と言います。

生後二ヶ月の子犬は今日から我が家の娘です。

子供らは大騒ぎだけど・・・この子犬にとっては今日が人生で一番の試練の日なんでしょうね。

なにせ、産まれてからずっと一緒にいた両親と、飼い主から引き離されて・・・見知らぬ家に来てみれば激しい怪獣(三兄弟)が待ち受けていた訳だから・・・

--------------------------------------------
今日、一日は皆この「子犬」騒動でバタバタとしていましたが(ホント子供が一人増えたよう・・・)

今は、落ち着いて子供らも、かみさんももう既に自分の寝室です。

今は子犬がいる部屋には私一人。後ろには、私しかいなくなってしまって不安気な娘の視線が・・・(笑)。

この娘を部屋に一人置いて、自分の寝室に行く勇気・・・ないですね~(笑)

きっと、部屋を出る時寂しそうに

「くぅ~ん、くぅ~ん」

と泣くんでしょうね。

でも、ここは厳しく!ドライに!・・・がセオリーらしいので・・・しかたないですね。

さてと・・・そろそろ寝室に・・・ってそういえば夜トレやってね~じゃん!

バタバタして、ついついうっかり(汗)

2007/07/22(日) | 愛犬 るびぃ(ビーグル犬) | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  | 
ページランク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。