スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

1
スポンサーサイト

2016/01/19(火) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)

凍結中

2013/05/22(水) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)

新入生?

昨日もいつもの体育館で練習。

次男Rと三男S。

長男Hは「部活」で欠席。

代わりに、かみさんが、参戦(!?)

むろんかみさんは、テコンドー経験はおろか武道、格闘技経験は「ゼロ」です。

パフォーマンスを五段階評価で分析するとこんな感じです。

筋力・・・4

持久力・・・3

柔軟性・・・1(!)

格闘センス・・・3


ということで、「柔軟性・・・1」はテコンドーをやる上で非常にネックとなってしまうので

この日は、柔軟に多くの時間を割きました。


テコンドーは、通常稽古でも柔軟に多くの時間を割きます。

例えば、上段の蹴りを多用するキョクシンカラテと比較しても

何倍もの柔軟メニューを通常の稽古の中で行います。

まず・・・

1人メニュー

2人組メニュー

3人組メニュー

全部こなすのには、30分くらいはかかるでしょうか。


うちのかみさんもそうですが、

「私はぜったい柔らかくならない」

と柔軟性に絶対的なコンプレックスを抱えている人が多くいます。


しかし、これだけの柔軟メニューを毎回、毎回やっていると1年もすると皆、ちゃんといろんな蹴りで

顔が蹴れるまでには柔らかくなります。

「最初は、100回蹴るなら20回蹴って、残りの80回分の時間を柔軟にあてろ」

と、大学時代にお世話になったY師範がよく言っておられました。


・・・話がそれましたが、そんな訳で「柔軟性・・・1」のかみさんが、このテコンドーの「過酷な」柔軟をしたもんだから、「痛い!痛い!」と、うるさいったらありゃしない(笑)

隣で、練習していた合気道の女の子に「クスクス」と笑われていました。


ただ、ミット蹴りになった途端「筋力・・・4」のパワフルな蹴りで「バチン、バチン」とミットからいい音出して蹴ってましたが・・・。

次男、三男も・・・「おかあさん凄い!」

と感心していました。


2時間、キッチリ動きましたが。

思ったよりかみさんがバテテいないのには驚きました。


柔軟性が克服できれば・・・もしかすると結構いけるかも!?


2009/10/11(日) | テコンドー道場稽古 | トラックバック(0) | コメント(4)

ショック療法

今の仕事環境に徐々に慣れてきたからか?

たまたま仕事の状況が落ち着いているからなのか?

少しずつ心に余裕がでてきて、


唐突に・・・

「よし!いっちょ(息を)上げてみるまで(サンドバッグを)蹴ってみるか?」

という気になった。


今までも、仙台に越してきてから暇ができれば「軽く」サンドバッグを蹴ることはあった。

しかし心拍をMAXまで上げるような「息上げ」は、今年の全日本の前からだから半年間していない。


3分×2ラウンド

今日はこれが限界だった。


しばらく放心して動けなかった。

身体中の筋肉が悲鳴をあげて「ガクガク」と力が入らない程に疲労した。

半年間サボったツケを痛感した。

しかし・・・

途中「まだまだ動く身体」もまだ自分の中に残っていることを発見する。

まだまだ動く身体から、こんな声が聞こえてきた。

「お前は、あれだけ苦労して築き上げた”この動き”が、だんだん錆びていくのをただ見てようというのか?」

「ここで終わってほんとうにいいのか?」


ぐずぐずと平行移動していたモチベーションの先が「ピクン」と少しだけ上を向いた。

「パチン」と何かがはじけた気がした。


たった2ラウンドのショック療法。

明日からの気持ちに何がしかの変化が生まれるのだろうか?
                                    

2009/10/04(日) | テコンドー自主トレ | トラックバック(0) | コメント(0)

黒帯 初稽古

今日は、長男Hと2人で留守番。

夕方は、しっかりと体育館でマンツーで練習してきました。

長男Hは黒帯を締めての初稽古。

写真に納めておこうと思いましたが・・・

撮り忘れましたので、せっかくの親子黒帯写真はありません(^^;)



・・・・今日は、じっくりと長男に一段のトゥル(型)を教えるつもりでいました。

が、

土曜日の夕方は、いつも練習している体育館の「柔道場」は、他団体と一緒になることが多いんです。今日も、「合気道」と「総合格闘技」にはさまれた一角での練習となりました。

すると、なんとなく周りを意識してしまい、最初からハードなミット蹴りをすることになってしまいました。

そうなんです。私は自意識が過剰なんで・・・

「なんかテコンドーってスゲ~な~、あんな子供があんなに蹴れるんだ?」

ぐらいの感想をギャラリーから引き出したくなるわけです。

そんな訳で・・・

高度なカウンターばかりをバチバチと長男に蹴らているうちに・・・一時間が経過していました(苦笑)


それから大慌てで、トゥルの練習。

ここからが今日のメインディシュ。

かろうじて「ポウン」「ケベ」を教えました。

とりあえず順番を覚えた程度だけど。

あとは自主練習あるのみだね。

トゥルばっかりは、やったもん勝ち。ぜったいまぐれの無い世界だからね。

私もトゥルは苦手な方なので・・・私なんか早く軽く超えてもらって、上を目指してほしいもんです。

・・・とまあ、こんな感じで、長男、黒帯初稽古の終了でした。

2009/10/03(土) | 少年テコンドーファイター 息子達 | トラックバック(0) | コメント(0)

長男H 昇段~自分を育ててくれたテコンドーというもの

今日は、府中本部での長男Hの昇段審査だった。

小学校3年生から、始めたテコンドー。

長男Hも、中学1年でようやく一つの節目を迎えることができた。


よき仲間に恵まれ、よきライバルと切磋琢磨し、たくさんの大会にチャレンジして・・・

その努力の集大成が今日の審査での「動き」であったはずだ。


はじめて袖を通したときはうれしかったはずの初めての道着が、今日は、もう「よれよれ」になったいた。その苦楽を共にした道着との最後の「大仕事」。


そして、今日、あたらしい真黒い「帯」と新しい「有段道着」を手にすることができた・・・


明日からは「新たな修行」が始まる。

夏にやった「昇段合宿」のとき、道場長から長男Hはこう言われたそうだ。


「いまのHという人間を語るとき、テコンドーは絶対はずせないと思うぞ」


自分を育ててくれた「テコンドー」だということを、この記念すべき日にもう一度かみしめて、さらなる高みを目指して頑張ってほしいものだ。


よき仲間であり、よきライバルでもあるW兄弟と(↓)

20090927.jpg








2009/09/27(日) | 少年テコンドーファイター 息子達 | トラックバック(0) | コメント(0)

連休中の練習

長男の昇段審査が間近ですね。

連休中は、さすがに毎日体育館に行って練習しました。

しかし、毎週一度の練習もままならない状況からか長男の動きもいまいち・・・

自主的には全く練習してくれないしね。


まあ、当日は恥をかかないようにしっかり気合い入れてやってもらいたいものだ・・・

パンチャユ(半自由)組手の練習(↓)

20090923_2.png


親父も飛びます!(↓)
20090923_1.jpg

2009/09/25(金) | 少年テコンドーファイター 息子達 | トラックバック(0) | コメント(0)

昇段予定者 合宿

お久しぶりです。

相変わらず、ブログを書く精神的な余裕がなくすっかり更新が滞っておりました。

テコンドーの稽古は、前に記事にした通り週に一回は近所の体育館で子供達と一緒に続けていました。

今日、久々の更新をしているのは・・・タイトルの通り長男H向けの「昇段予定者の合宿」に参加してきたからです。

不思議なもので・・・4ヶ月ぶりにあったテコンドー仲間なんだけど・・・

あった瞬間、昨日まで会っていたように「違和感」なく昔の自分に戻っていました。だから自分が今仙台に引っ越してしまったことを忘れてしまう瞬間が何度もありました(笑)
20090720_1_1.jpg

長男Hは、部活で身体を動かしているからか、動きは決して悪くはなかったがやはり練習不足は否めず全体的に「雑」という印象。はやり仙台では週一回の練習以外に、自主的に練習をしてくれないのが難ですね。

20090720_5.jpg

今回合宿に参加してきた上級者は皆「テコンドー大好き」で暇さえあれば、練習するような少年・少女ばかり。いまだに「やらされ意識」の抜けない長男Hとはここが根本的な違い。

20090720_7.jpg

確かに周りにテコンドー仲間がいないのでモチベーションを維持するのはそれは困難だと思うが・・・

今回道場長とも相談させてもらったがはやり「大会」などの目的を持たせないといけないかなあ~感じている。

ちなみに私は・・・途中のマッソギ(組手)で足を挫いて捻挫してしまいました(苦笑)。

もちろん練習不足が原因でしょうね。

長男のモチベーションよりも私のモチベーションももっと上げていかないといけないのはいうまでもありません。

2009/07/25(土) | 少年テコンドーファイター 息子達 | トラックバック(0) | コメント(2)

四の五の言わずに

毎日、ほぼ欠かさずやっていた、「テコンドー」稽古は今は週に2回だけ。

一日は、土曜日の体育館での子供らとの練習(2時間)
もう一日は、日曜日の「サンドバック」(30分)

これだけだと、もちろん「上向き」な進歩は望めないし、後退する実力を足止めする事も


まあ無理なのであろう。

「時間がない?」

やっぱ、そうじゃないんですね。

モチベーションです。

「意識」の問題。

モチベーションを維持するための最大のことは?

いわずもがな「練習する」ことですね。

一度練習すると、気持ちは間違いなく

「もっとやらないと」

となります。

だから、とにかく時間がなくても、

やる気がなくても

「四の五の言わずに練習してしまえ」

ですね。

一人稽古の難しさを、ますます痛感する・・・この頃です。

2009/05/17(日) | テコンドー自主トレ | トラックバック(0) | コメント(6)

個別指導状態

index_01.jpg

今日も先週同様に体育館で稽古をしました。

19:00〜21:00までの2時間キッチリ。

今日は次男Rが「股関節炎」で負傷中のため長男H、三男Sと私の三人。

…実は私もじっくり練習しようと思っていたのだが、結局は子供ら2人への指導が中心。

つまりは生徒2人対先生1人というほとんど「個別指導」状態。

今日はそんな「個別指導」という状況なので、じっくり、じっくり彼らの動きを観察。

いままでは、大人数(おおにんずう)の中に埋もれていた2人。

特に三男Sは、いままでかなり「手を抜いていた」ということが、今日の動きで発覚しました。

なので…今日は厳しくいきましたよ(笑)。



こんな「個別指導状態」を毎週続ければ…子供らの進歩は速いかもしれないですね。

ただ、私自身は…やっぱこれ以外に自主トレで別に時間を作らないとダメそうですね(苦笑)。



2009/05/10(日) | テコンドー道場稽古 | トラックバック(0) | コメント(2)

 |  HOME  |  »
ページランク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。